この記事が気に入ったら、シェアもお願いします^^

その仕事、10年後も大丈夫?絶対になくならない仕事とは

この記事が気に入ったら、シェアもお願いします^^

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

10年後も大丈夫?絶対になくならない仕事

あなたの仕事は10年後も残ってますか?

10年経てば世界が変わり、あなたの仕事はなくなってしまうかもしれません。
もし、そうなってしまったらあなたは10年後ホームレスです。

「公務員だから」「大手企業だから」とあぐらをかいてちゃあいけませんよ!

たとえあなたの職場が10年後も残っていたとしても、
そこに人の手は必要なくなってるかもしれない・・・

あなたの仕事は10年後に消える?

あなたは10年前ってどんな世界だったか覚えてますか?
今とそんなに変わらない?
それとも、大きく変わった?

あまり実感が湧かないかもしれませんが、10年も経てばいろんなことが変わるのです。

例えば今日(2018年現在)から約10年前、iPhoneが発売されました。
初めてこれが発表されたとき、世界がどれほど驚きに包まれたことか。

今ではみんな持ってるスマホでも10年前は一部の人しか持ってなかったんですよ。
みんなガラケーでした(iPhone高いしね)

それが今や一人一台スマホ!
サラリーマンも高校生もスマホがなければ生活ができないほどに!

そのおかげもありインタネットだって発達しました。
この10年でありとあらゆるものが加速し、便利になったのです。
今から10年前の生活に戻るなんてできませんよ(笑)。

なので、10年後の世界なんて想像したくても難しいです。
車は自動運転になってたり、様々な仕事をロボットがやってたり、今より便利な世の中!

でも、その反面失われる商品やサービスというのもあるわけです。
つまり、仕事がなくなってしまう業界もあるんですね。

あなたの仕事が10年後も残っている保証ってどこにもないんですよ。
それがたとえ大企業だろうと。

公務員ならまだ安心かもしれないけど、
もしかしたら仕事がロボットにとって代わって人員削減や給料削減されちゃうかもしれないね。

あなたの仕事は10年後そこにないかもしれませんよ・・・

絶対になくならない仕事って?

世の中にはいろんな仕事があります。
その中には10年後なくなってしまうかもしれないものもあるかも。
また10年後になくならなくても、20年後や30年後はわからないですよ。

そんな中で、30年後も残ってる仕事ってやっぱりあるでしょう。

仕事というより役職かな。

僕が思うに、社長って30年後でも残ってます。

モノを売っていて、会社が作られれば、そこに社長はいます。

社長という役職は安心ですね。
30年後もそこにあるんだから。

そして、社長のいいところと言えば、
一つの事業がダメになっても、その次、そのまた次と事業はいくらでも思いつくから、
一生食いっぱぐれることが無いことですね。

これはホントです。
起業と経営の知識がある社長はいくらでも事業を思いつくのですよ。
その中で、やるかやらないか決めるんです。

まぁ、いざとなればどんな手段でも起業できるってことです。

一度破産したと言われたある起業家も翌月には再建を果たし今は年収25億とかになってたりするし。

社長って仕事は絶対になくならないですね。
一度社長になればやり方ってわかるので、2度でも3度でも起業できます。

安心安泰の社長業は絶対になくならない仕事です。

何でもいいです。
モノでもいいしサービスでもいい。
何かを売って起業して社長になれば安泰ですね。

社長とかなれるわけ無いじゃない

社長という仕事は絶対なくなりません。
誰かがモノを売ってれば、そこに会社ができ、そこに社長はいるものです。

何になるより社長になった方が安心安泰です。

ただ誰でも社長になれるわけではないです。
まぁ、当然ですね。

じゃあ、どんな人が社長になれるのかというと、
社長になると決意した人です!

「おいおい、決意するだけで社長になれるんだったら苦労しないよ。」

ヤレヤレ┐(´ー`)┌

確かにそうですね。
決意するだけで社長になれるんだったらみんな社長です。
正しくは、決意して行動した人ですね。

起業を決意し、正しい知識を持って行動すれば起業できます。

起業って運じゃないんですよ。

だから、正しい知識を持って行動すればできるんです。

主婦や学生、ニートでさえも起業してる人いるんですから。

あなたが10年後もその今の仕事を続けることができるか不安なら、
絶対になくならない“社長”になればOKですね!

トップへ戻る