この記事が気に入ったら、シェアもお願いします^^

実は、起業ってリスクが少ない?みんな知らない起業『しない』リスク

この記事が気に入ったら、シェアもお願いします^^

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

起業しないリスク

「俺は、起業するぞ!」

そんなことを言うと決まって周りの人は止めにかかる。

「リスクが大きいぞ!」
「失敗したらどうするんだ!」
「借金を背負うだけだ、やめとけ!!」

うん、よくもまあ勝手なことを言ってくれるわい。
心配してくれてるのはわかるけどさ、あんたは起業のリスクって本当にわかってるのか?
逆に、起業しないリスクは言えるのか?

起業にリスクはないから怖くないし、
むしろ本当に怖いのは起業しないリスク。

起業のリスクはなくなった。常識はまず疑え!

起業するというと決まって周りは反対する。
起業にはリスクがあると思っているからだ。

たしかに起業はリスクを伴う。
でも、大金を用意しなきゃいけないとか、失敗したら借金1000万円とか、成功するまで10年かかるとか、それらは全部嘘ですね。

一昔前なら10年頑張って起業とか、大金を用意したりする必要もあったかもしれませんが、今の時代そんな起業のしかたする人はいませんよ。

普通の人が抱く起業に対する常識って、もう古いんです!
時々刻々と変わる世の中、起業の常識だけ変わらないなんてそんなおかしな話はありません。

ちょっと前(と言っても数十年くらい前ですが)なら起業は借金から始まり、
何年もコツコツと積み上げて頑張るのが主流だったかもしれません。

しかし時代は変わってゆくのです。

インターネットの発達によって急速に加速した今の時代、
古いやり方で起業してたら間違いなく失敗しますよ。

常識が変わってるのですから当然ですね。

昔の起業の常識と言えば、
・借金
・成功まで時間がかかる
・とても大変

というようなところですかね。
多くの人が持ってる起業に対するイメージとほぼ同じです。

しかし現代ではこの常識は全く当てはまりません。

・起業資金は数万円から、多くても20~30万円程度あれば十分
・成功は1年以内に
・最初は大変だけど成功したあかつきには自由な生活が待ってる

これが現代の起業の常識です。
リスクなんてほぼゼロですよ。失敗しても失うものはあんまりない。

これにはインターネットの発達が大きくかかわっています。
ネットによって世の中のあらゆるスピードが速くなり、便利になりました。

例えばネットショップ。
インターネット上で商品を販売できるんですよ!
すごくないですか!!

これのおかげで店を構える必要がなくなりました。
つまり、借金する必要がなくなったのです。

今や日本のネット人口は1億人。
インターネット上で宣伝すれば日本だけでも恐ろしい数の人に見てもらえるのです。
地元から初めて店舗数を増やして・・・
なんていう面倒なことをしなくていいので成功が速いですね。

そして、様々なツールが世の中にはあふれています。
TwitterなどのSNSやYouTubeのおかげで情報が速く回るし、より多くの人に宣伝もできます。

ネットショップなら集客から販売までパソコン一つあればこなせる、そんな時代になりました。

かつてないほど稼ぎやすく失敗しにくい時代ですよ。

起業はリスクがあるとか言ってられないですね。

すごく成功しやすい時代です。

もう、その辺の高校生とかでもちょっとしたお小遣い稼ぎとかやってますよ。
主婦だってメルカリでいらないもの売って稼いだり、手作りの商品を売ってる人もいます。

そして、それらは無借金で元手もほとんど必要ありません。

起業はリスクが大きいとか、時代遅れになってしまったんですよ!

素敵な時代になりましたねぇ。

みんな知らない起業『しない』リスクとは

起業したいといえば「やめとけ」という人がいる。
ひたすら時代遅れのリスクを語る人がいる。

実は今の時代、起業しないリスクっていうのがあるんです。

年功序列も崩れてきてるし、終身雇用なんてもはや幻想です。

大企業は安泰などという悠長なことは言ってられません。
大手でもリストラというリスクはついて回るのですから。

そんな時代ですから、むしろ起業しない方がリスクが大きいですよ?

まぁ、起業と言っても会社を作って大きくしようという意味ではないです。
ほんの副業程度でもいいので稼ぎましょうという意味。

大企業は安心なんていうのは嘘です。
大企業でも大規模リストラはあるし(大企業だからこそ大規模になるのですが)、左遷とか減給とかケガとか病気とか、リスクだらけじゃないですか!!

もし、あした急に働けなくなったらどうしますか?
人というのはもろいもので、車とぶつかれば跳ね飛ばされてしまうのです。

知らない間に胃に穴が開いていたり、恐ろしい病気だってあります。

急に収入がゼロになるリスクって考えたことありますか?

学校では教えてくれないので知っている人は少ないですが、もし働けなくなったら貧乏生活を余儀なくされてしまうのです。

当たり前のことを言っているように聞こえるかもしれませんが、
この事実を本当に理解している人って少ないのでは?

その証拠に、「公務員は安泰」だとか「大企業なら安心」なんて言う風潮が今でも残っています。

万が一の時に備えて、収入の柱がもう一本あれば安心感は格段に違いますよ。

パソコンやスマホがあればお金を稼げる時代です。
面白いことやためになることを動画に撮ってYouTubeに投稿すればそれだけでもお金になるし、アクセサリーを作るのが趣味ならそれをメルカリにでも出品するだけでもいいです。

一人の人間がちょっとお金を稼ぐ程度なら手足を動かすように簡単なんです。

起業は一部の人にしかできないとか言ってられませんよ。
中学生・高校生ですらお小遣い程度なら稼いでしまう時代なんですから。

働けなくなった時のことを考えないと、万が一の時どうにもなりませんよ。
やっぱり収入の柱はいくつか持っていたいですね。

インターネットのおかげで一人の人間が稼ぐのはかなり簡単になりました。
起業リスクがとか、そんなこと言ってられません。

本業以外で稼ぐ手段がないというそれこそが大きなリスクです。

起業のリスクはみんな教えてくれるけど(しかも古い情報を)、
起業しないリスクってみんな知らないんですよね。

リスクをとるのが嫌なら、
それこそ起業を目指すか副業を始めるべきだと僕は思うんですけどねぇ。
実際、副業から初めてそのまま軌道に乗ったから起業しちゃったなんて人もいるし。

結局あなたは起業したほうがいいのか?

起業を目指すことは最大のリスク回避になります。
リスクを取りたくないなら起業を目指すべきです。
インターネットのおかげで、高校生でもできるくらいお金を稼ぐのが簡単なんですから。

そりゃあ、いきなり年収1000万とか1億の社長になるのは難しいかもだけど、
お給料にプラス数万円とかちょっと頑張って十万円上乗せすることはさほど難しいことではないと思いますよ。

それに、独立を目指してなくても副収入は得るべきです。

収入が一つしかないと信じていたものが崩壊したとき、手も足も出ず困ってしまいますから。

起業はリスクが大きいなんて昔ばなしです。
逆に、起業しないことこそ大きなリスクですよ。

今の時代は起業するリスクよりも、
起業しないリスクを考えた方がよさそうですね。

トップへ戻る