この記事が気に入ったら、シェアもお願いします^^

3ステップで夢を叶える、超現実的な方法!これで夢は叶う!

この記事が気に入ったら、シェアもお願いします^^

夢を叶えるために必要な現実的3ステップ!

誰もが『夢』を持っています。
みんなが平等に見ることができる夢、
それを叶えるために必要なことって知ってますか?

夢を叶える人もいれば、諦める人もいる。

夢を叶えたいなら、そのために必要な3つのステップをこなしてください!

あっ、今回の話はスピリチュアル的な話や「引き寄せの法則」とかそんなのじゃないです。
超現実的に夢を叶える方法なので、
そういうの期待してたらゴメンなさいm(_ _)m

夢を叶える人とあきらめる人

人は誰しも夢を見ます。

そして、夢を叶える人もいれば諦める人もいる。

夢は見るだけならタダです。
誰でも自由に見ていいんです。
別に叶わなくたって失うものは何もありません。

しかし、せっかく見た夢をあきらめるというのは悲しく辛いもの。
いくら見るのがタダと言っても、
諦めるのって本当に悲しくて、よい夢を見れば見るほど現実は辛い。

残念ながら夢を叶える人というのはそう多くはありません。
ほとんどの人が挫折したり諦めたり。

過去に抱いていた「夢」は、いつしかただの「趣味」に。

でも、夢って誰にでも叶えるチャンスがあるんです。
特別な人だけが叶うわけじゃないんです。

ただ、夢を叶える方法を知らないだけなんです!

だって、夢を叶える方法なんてどこでも教えてくれないじゃないですか!

学校ではもちろん、親に相談すれば「現実を見ろ!」の一言で一蹴される。

夢を叶えるのに必要なことを知らなきゃ、叶うわけがないですよ。

夢をかなえた人は、
みんなこれを知っているか、無意識のうちにこなしています。

夢を叶えるために必要なこと、たった3ステップですよ!

夢を叶えるために必要な3ステップ

夢を叶えるために必要なこと、
それは3ステップを踏むことです。

では早速。

【ステップ1】実現可能だと知る

【ステップ2】やり方を知る

【ステップ3】やる

この3ステップで夢はかなうんです!

はぁ?
たったこれだけぇ??

( ゜Д ゜)ポカーン

そうなんです、
夢を叶えるにはこの3ステップを踏めばいいんです!

まだよくわからないと思うので、順番に解説しますね!

【ステップ1】実現可能だと知る

あなたの夢が実現可能なものであると知る。

これが第1のステップ!

実現可能とは、
まぁ、そのままなんですが……

例えば、
「超能力で空を自由に飛び回りたい!」
っていうメルヘンな夢はまず叶いませんよね(笑)

現実的に不可能です。

「ミュージシャンになってテレビに出たい!」
これは実現可能ですね。

実際にテレビに出てる人がいて、あなたはそれを見てるわけですから。

「世界一の大富豪になりたい!」
実際に世界一の大富豪がいるので、あなたがこれになるというのは100%不可能というわけではないですが、かなり難しいです。

「実現可能だと知る」
これは2つめと3つめですね。

特に、2つめを指します。

3つめの「世界一の富豪になる」という夢は、
100%不可能というわけではないですけど、叶う確率も0%に近いですよね。
この夢が叶ったら奇跡ですよ。

もし、あなたの夢が奇跡に近いようなものであるならば、
それを叶えるのは極めて難しいです。

でも2つめのように、
「武道館でライブ」とか、
「多くの人を喜ばせたい」とか、
「起業したい」、
「漫画家になりたい」、
「デザイナーになりたい」、

そういった夢って叶うんですよ。

なぜなら、それをやっている人がたくさんいるから。

あなたにとっては、
「自分が有名なミュージシャンになれた!」というのは奇跡に近いかもしれませんが、
世の中的には奇跡でも何でもないんです。

だって、毎年新しい人が出てくるから。

2つめと3つめの決定的な違い、
それは世の中的に奇跡かどうかです。

「武道館でライブ」というのは、
個人にとっては奇跡かもしれませんが世の中にとっては奇跡でも何でもありません。
毎年ライブやってるミュージシャンなんて腐るほどいるので。

「世界で初めて月に降りた」というのは、
個人にとっても世の中的にも奇跡です。
世界でただ1人しかいないから。

「人気の漫画家になった」というのは、
個人にとっては奇跡かもしれませんが、世の中的には奇跡じゃない。
人気漫画家なんていくらでもいるから。

「マイケルジャクソンのような世界的に人気なミュージシャン」というのは、
個人にとっても世の中的にも奇跡です。
世界に数人程度と、数が少ないから。

なんとなく、わかってきました?

2つめと3つめは奇跡の度合いが違うんです。

個人にとっては奇跡でも世の中的に奇跡でなければ2つめ。
個人にとっても世の中的にも奇跡なら3つめ。

見分け方は、
それをやってる人がたくさんいるかどうかです。

マイケル・ジャクソンやビル・ゲイツのような人って、なかなかいません。
でも、武道館でライブやる人は毎年たくさんいる。

あなたの夢が個人的には奇跡だけど、
世の中的には奇跡でも何でもないなら、
その夢は実現可能です。

個人的に奇跡で世の中的にも奇跡なら、
その夢を叶えるのは難しいです。

もし、夢をかなえたいのなら、
できるだけ世の中的には奇跡でないものを選んだ方がいいかもしれません。

あなたの夢が「マイケル・ジャクソンのような世界的トップミュージシャン」なら、
その夢は実現が難しいので、
はじめは「武道館ライブ」くらいにとどめておいた方がいいかもしれませんよ。

マイケル・ジャクソンになるのはそのあとでもいいんじゃないですか?
簡単な夢からかなえていきましょう!

【ステップ2】やり方を知る

【ステップ1】ではできるだけ実現可能な夢を見ることという話をしました。

さて、【ステップ2】ではその夢を実現する方法。
これを知るんです!

「武道館でライブやってる人たくさんいる!じゃあ、俺にもできるね」
っていうのはちょっと違うんです。

いくら世の中的に奇跡じゃないといっても、
それを実現するのが簡単ということではないですよ。
なぜなら、個人的には奇跡だから。

じゃあ、その奇跡を起こすには?

やり方を知ればいいんです!!!

武道館でライブするには、どんな方法があるか、
これまで武道館でライブやってきた人はどんなことをしてきたのか、
それを知る必要があります。

夢を叶える「やり方」を知るんです。

やり方がわからなきゃ何もできないんですよ。
バットの振り方を知らなきゃ野球ができないように、
武道館ライブを実現する方法を知らなきゃできないんです。

どんな夢でもそうです。

「漫画家になりたい」なら、
どのようにすればそうなれるのか。

「起業したい」なら、
どうすれば起業できるのか。

「デザイナーになりたい」なら、
どうすればなれるのか。

それを知るのが大事。

やり方を知らないというのは、
夢を叶える方法を知らないというのと同義です。

ただがむしゃらにやったって叶いません。
やり方を知りましょう。

ちなみに、世の中の多くの人が夢をあきらめるのは、
「やり方を知らない」からなんです。

やり方を知らないから、とにかく頑張る。
がむしゃらにやる。

それで運よく道が開けることもありますが、
たいていそう上手くはいかない。

だから、やり方を知るんです。

漫画家になるという夢を例を挙げてみる。
「漫画家になるには、上手な絵で面白い話が描ければいい!」とか、
それではちょっと足りません。

具体的には、
・誰もが読みたくなるような面白い漫画を描く
・世の中に自分の作品を広めるためにwebページ作成
・作品を全部無料で公開
・TwitterなどSNSを使ってさらに多くの人を集める
・様々な長編・短編作品を無料公開
・集まった人を徹底的に自分のファンにする
・人気が出て話題になってきたら、どこの出版社が自分に適しているか徹底的にリサーチ
・出版社に持ち込み、自分の実績を売り込む
・プロデビュー

こんな感じかな。
これでもまだ少し足りないんですけどね(笑)

もっと具体的に、
今自分がどう行動すればいいのかわかるように。

3ステップの中で一番難しいところだけど、
ここを徹底的にやることが夢を叶えるうえで重要なポイントなんです。

あなたと同じ夢を抱いて成功した人は、
いったいどんな生活を送っていたのか、どんな人生を送っていたのか、
それらを知る必要があるんです。

やり方さえ分かればこっちのもんなんです。

小学1年生は「6×7」が解けません。
でも、「6を7回足せばいい」ということを知れば、
あとはやればいいんです。

ただ一つ、「6×7」を解く方法を知ればいいんです。

それが掛け算をマスターする第一歩。

しかし、このやり方を知らなければ、
この子はいつまでたっても「6×7」を解くことができません。

まず、「×」ってなにか分からないですよね。
習ってないんだもの。
「ろく バツ なな?」って全く意味不明。

「×」は「かける」と読む。
「6かける7」とは6を7回足せばいい。

この2つを知れば、小学1年生でも解けますね。

「やり方を知る」とは、
どうすればその夢がかなうのか徹底的に知るということ。
いわば、夢を叶える道を作るということ。

道路工事の場所があったらだめですよ(笑)
そこでつまずいて転んでしまいますから。

完璧な道を作り上げるのです。

その夢を叶えるには自分はどう行動すればいいのか、
それを徹底的に知る、これが【ステップ2】!

【ステップ3】やる

たった2文字。

「やる」

【ステップ2】で作った道をひたすら進むだけ。

それで夢は叶います。

だって、作った道は成功へ続いているでしょう?
あとはその道をたどって行けばいいんです。

ひたすら道をたどって行けば夢はかないます。

一番簡単なステップですね。

これで、あなたの夢は叶いました!!

「やる」だけなら【ステップ2】に組み込んでもよさそうなんですが、
これをあえて一つのステップとしたのには理由があります。

人って面倒くさがりな生き物です。
できるだけ楽したい。

だから、「明日やろう」とか「今日はこんなもんかな」って妥協点を見つけてしまうんです。

夢を叶えたいなら一切の妥協は捨てろ!!

これって意外と難しいんですよ?

モチベーションだって下がるし、
つまずくことだってあるし、
もうやめたくなることだってあります。

それでもあきらめずに「やる」。

本当にね、行動するのって難しいのよ。
ものすごくエネルギー使う。

だから「やる」というのを3つめのステップにしました。

まぁ、最後の砦ですね。

これをこなせれば夢は叶いますよ。

3ステップこなせば夢は叶う

たった3ステップこなせば夢は叶います。

【ステップ1】実現可能だと知る

【ステップ2】やり方を知る

【ステップ3】やる

これだけで夢は叶うんです。

しかし、世の中の多くの人は一番難しい【ステップ2】の「やり方を知る」ができないんです。

やり方を知らなきゃ、そりゃ夢は叶いませんよ。

「やり方を知る」というのは一番難しいところだけど、
これを完ぺきにこなせれば、あとは「やる」だけ。

これが、夢を叶えるために必要な3ステップです!

「現実を見ろ」は無視ワード?

夢を見ていると、必ずと言っていいほど「現実を見ろ」人間が出てきます。

親や友達、親戚や知り合いまで様々。

「現実を見ろ」

夢を見ている僕らからしたら、ちょっとムカッとする言葉ですよね。

「なんで分かってくれないんだ!!」って怒りたくなる時もあります。

でも、それは分からなくて当然なんです。
だって、その人は夢を叶えていないでしょう?

夢を叶えた人は、夢を持つ人にそんな言い方はしませんよ。

だから、「現実を見ろ」は無視してください。
それに怒ったってしょうがない。
怒って夢が叶うわけじゃないんだから、余計なエネルギーは使わないに限ります。

ただ、それが親とか同居してる人だと無視も難しいかな……

そんな時は、彼らの望んでることをこなしつつ、夢を追ってください。

学生ならばちゃんと勉強しつつ、その傍らで夢を追う。
社会人ならニートやってないでバイトでもいいから働きながら夢を追う。

そのくらいやるの。

夢追人はひたすら夢だけ追ってちゃいけませんよ。
どんなに3ステップを完ぺきにこなしたからと言って、
100%の保証はないのだから。

夢を追うのと同時に、
今必要なものをしっかりと考えて行動する。

それができてこそ夢は叶うものです。

夢だけ追って、もしそれが叶わなかったら、その後の人生おしまいよ。

夢追人は夢を追うことを優先してもいい。
ただ、それが「叶わないかもしれない」ということも覚えておかねばなりません。

なかなか厳しいですが、夢を叶える人というのはそういうこともきちんとこなせます。

日々の生活をこなしながら、寝る時間や遊ぶ時間を削って夢を追うもの。

それが正しい「夢追人」の在り方だと僕は思うのだよ。

もちろん、自分の生活がしっかりこなせていて、
誰にも迷惑かけていないなら「現実を見ろ」は堂々と無視してください!

「夢」は自分の生活があってこそ叶うもの。
それは忘れないでくださいね。

元ニートが変わった話。
お先真っ暗⇒『豊か』な人生へ

改めましてこんにちは。
この記事を書いた森です^^

僕は中学時代にひどい嫌がらせを受け、
高校では家に引きこもり、
その後、無事ニートとなりました!

 

ヒキニートとか、もう未来ないでしょ(笑)

笑ってる場合じゃないことに気づく
Σ(゜Д ゜)ハッ!

 

そんなお先真っ暗だった僕ですが、
「これはまずい」と一念発起。

 

その結果……

 

『豊か』とはどういうものか知り、
雇われることなく自力で50万稼いで起業しました!

 

『豊かな生活』
これは誰もが憧れるものですね。

 

「豊かになりたいか!」と聞けば、
みんな我先にと手を上げます。

ここで手を上げなかった人がいたら、
たぶんその人は高僧か仙人か妖怪です(笑)

 

 

僕だって豊かになりたかったのよ。
だって、ニートのままだとお先真っ暗だし。

だからいろんなことを学ぶようにしたんだけど、
そうしたらいつの間にか『豊かな人生』を歩んでいた。

起業して50万稼いで、
お先真っ暗だったのが明るい未来に変わりました。

 

『豊か』とはみんな平等に手に入れることができるんです。
なにも、特別な人だけがなれるんじゃない。
僕もあなたも、豊かになることはできるんです。

 

 

だって、僕なんて元ニートですよ?

普通の人より圧倒的に社会的地位が低かった僕ですよ?

そんな僕でもできたんです。

 

 

「そうは言ってもよ森さん、
やっぱり起業って難しいんじゃないの?」

 

はい、僕もそう思ってました。

起業って特別な人しかできないんじゃないかって、
そう思ってました。

 

 

でも、よくよく考えてみたらそんなことはないのです。

世の中の起業家や社長って、
最初から特別だったわけじゃないんですよ。
起業する前はみんな『普通の人』でした。

 

別に特別な能力があったわけでも、
めちゃくちゃ頭が良かったわけでもないです。

パナソニックを一代で築いた松下幸之助なんて小学校中退してますから(笑)

 

起業家だって、元は僕やあなたとおなじ普通の人だったんです。
起業したから特別な人になっただけなんです。

 

良くある勘違いですよ。
× 特別な人だから起業出来た
○ 起業したら特別な人になってしまった

 

これが、僕みたいなニートでも起業できた理由です。

 

 

そう言ったって、
今まで起業なんて考えたこともないですよね。

 

起業なんて考えたこともなく、どんなものか全く想像がつかない

そもそもアイディアがない場合はどうするか。

開業資金がほとんどない場合はどうしたらいいか。

これといったスキルが無い場合はどうしたらいいか。

収入はどうなるのか。

起業に大成功する王道はあるのか

 

 

いろんな疑問があると思います。
本当に自分にできるのかと。

 

しつこいですが、
僕みたいな元ニートでも起業することは可能です。

特別だから起業できるのではないのです。

 

だだ、普通に生活していたって起業することはできないです。

起業するということは、
他の人と違うことをするということ。
他人と同じではいけないのです。

 

でも、僕は元ニートだし、
別に特別なことなんてしてないです。

ただ、普通に『起業』とは何か、
『豊か』とは何かを勉強しただけ。

 

僕が変わったのは、
ほんの少し他人と違う勉強をしたからに過ぎないんです。

『豊か』とはなにか。
僕が学んだ教材はコレ!
↓↓↓

元ニートが起業して50万稼ぐキッカケとなったセミナー無料プレゼント

この記事が気に入ったら、シェアもお願いします^^

トップへ戻る