この記事が気に入ったら、シェアもお願いします^^

【フリーターになりたい】正社員より豊かになって将来困らない方法!

この記事が気に入ったら、シェアもお願いします^^

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

フリーターになりたい人のための極意

「フリーターになりたい」

そんなこと言ったら普通は「何言ってんだ?」って目で見られますよ。
でも、フリーターって正社員と比べて責任もないし、楽といえば楽よな。

このページにたどり着いたあなたもきっと、フリーターになりたいのでしょう。
そこで、フリーターになりたい人のためのたった1つの極意をお教えしましょう!

その極意とは……

収入>支出

これを守ること!

「そんなことかよ、あたりまえだろ!」って言われそうでけど、
これをしっかり理解してれば不安は無くなるんです。
フリーターの不安がなくならないということは、
真にこの式を理解していないということなのよ。

フリーターはいいぞ。
責任も正社員のようにきつくないし、
仕事だって正社員みたいに肩ひじ張らなくていい。

そんなフリーターになっても不安のない毎日を送るための、
たった一つの極意。

フリーターになりたい理由は大切に

フリーターになりたいのには理由があるはずです。
保証なし、給料安、社会的地位の低いフリーターに
理由もなくなりたい人なんていません。

正社員の責任に追われて辛くなったとか、
やりたいことや夢があってそれを叶えたいとか、
就活でコレという職業が見つからないからそれまでの間少し稼ぎたいとか、
人によって理由はいろいろ。

フリーターの方が責任もないし、時間だって自由になる。
責任から逃れたいとか夢を叶えたいとか、いいと思いますよ。
そう考えてフリーターになりたいと思うのは決して悪いことではありません。

ただ、フリーターになりたいというのは一般的には反対されます。
それを分かったうえでフリーターになりたいというのなら、
その理由を大事にしてください。

それは、周りの反対を押し切ってでもあなたがいいと思ったことです。
フリーターになりたい理由は大切にしてください。

フリーターであることは決して悪いことじゃありません。
泣いて吐くほど辛い正社員を続けるより健康的で幸せです。
夢を追い続けたいがためにフリーターになるのもアリです。
人生は一度きりなので自分のいいように生きた方が勝ちです。

フリーターになりたいなら、その気持ちを大切に。

フリーターになりたい人のためのたった1つの極意

フリーターは正社員のような責任はない。
でも給料少ないからひたすらお金に困る生活になりかねない。

そんなことになれば、精神すり減ってしまいますよ。
いくら責任がなくても精神的に辛い生活です。

叶えたい夢があっても精神的に辛ければそれどころじゃないだろうし、
就職するまでしばらく働くだけだとしてもバイトばかりじゃ就活どころじゃないし。

せっかく責任もなく時間も自由なフリーターになっても、これでは意味がありません。
なので、この問題を解決してしまいましょう!

フリーターの極意!これさえ押さえれば怖くない!!

たった1つの不等式を覚えておくだけで、
お金に困らずフリーター生活を謳歌できます。

その式が・・・

収入>支出です!

収入より支出が小さくなればいいんですね。
これを守り続ける限りお金が減ることはないし、むしろ増やすことも可能です。
そして、バイト以外の時間はあなたの自由に使えるのです。

常に収入が支出より多ければお金の心配することはないですよね。
収入が15万円なら毎月の支出は14万円程度に抑えればいいです。

一人暮らしならこんな感じかな。
・家賃……7万
・食費……3万
・光熱費…1万
・その他…3万

「その他」は生活費以外の支払いや趣味、習い事などに使うお金です。
これで14万円。
毎月1万円貯金できますね。

また、誰かと同居するならその人にも働いてもらいましょう。
これでバイト生活でもお金に困ることはありません。

一番の理想は1ヶ月1万円生活です。
まぁ、現実的に難しいけど、これができればとんでもなく生活が楽になりますね。

とにかく、収入>支出だけ覚えておけば、
バイト生活でもお金の不安はなくなります。

実は、月収24万の人は15万の人より焦ってる

月収24万円のサラリーマン、「24万さん」は、
月収15万円のフリーター「15万さん」よりお金に困ってる?!

3人家族で月収24万、毎月の出費が18万円の人と、
1人暮らしで月収15万、がんばって節約して出費7万円の人では、
生活のゆとりが圧倒的に違うんです。

実は、15万さんの方が遥かに豊かな生活が送れてるんですよ。

どのくらい豊かな生活が送れるかというと……

24万さんは毎月の出費が18万。
つまり、収入の75%が消えていく。

対して15万さんは毎月の出費が7万。
収入の46%が消えます。

なんか、75%とか46%とか分かりにくいですね。

要するに、
24万さんは4分の1しかお金が余らないのに対し、
15万さんは半分以上お金が余るということです。

お給料の半分お金が残るって、すごい安心感ですよ。

15万さんは1ヶ月働けば2ヶ月生活できるんです。
半年働けば1年、
1年働けば2年生活できます。

24万さんは4ヶ月働いてやっと1ヶ月分の生活費が貯まります。
1年働いても3ヶ月分です。

15万さんと24万さんの安心感の差は大きいよ。
一方は1年働けば2年(24ヶ月)分の生活費。
もう一方は1年働いても3ヶ月分の生活費。

24ヶ月と3ヶ月って、比べ物にならないですよね。

もし、フリーターになるんだったら、
月々の出費は給料の半額に抑えるとかなり生活が楽ですよ。

給料24万、支出18万の人はお金がないことに焦って残業。
給料15万、支出7万のフリーターは心に余裕が持って健康的な毎日を過ごす。
しかも会社に縛られない自由。

収入>支出も大事だけど、それに加えて毎月の支出を収入の半額に抑えれば、
生活にかなり余裕が持てます。

まぁ、その代わり正社員とフリーターってやっぱり比べられるんですが、
たとえフリーターでも人生設計がしっかりしてればいいんです。

生活の基盤がしっかりしてればいいんです。

そうすればまず死ぬことはないですね。

場合によっては正社員より精神的ストレス少ないし(笑)

最後は見返せ!フリーター魂

フリーターになりたい理由はいろいろ。
正社員の責任が重いとか、叶えたい夢があるとか、本当に人それぞれ。

だけど、やっぱり最後は見返したい。
フリーターって正社員より自由だけど社会的信用は低いのも事実。
笑われたり、見下されることもしばしば。

だから、最後には見返してやりましょう!!

「前の仕事責任重すぎて辞めたけど、起業してやったよ!」
「これまで苦労したけどようやく夢を叶えたよ!」

そう言えたらとっても素敵じゃないですか?

一度きりの人生を自分の思うままに生きるのって、だれから見ても魅力的です。
「お前フリーターだったけど、今は大成功してうらやましいなぁ。」
とか言わせてやりましょう!

最後に笑うのはあなたです。

フリーターになりたいと望むなら、
その先に大成功を見据えましょうよ!

トップへ戻る