この記事が気に入ったら、シェアもお願いします^^

『もう働きたくない』仕事に疲れて辞めたくなったら考えてみてほしい

この記事が気に入ったら、シェアもお願いします^^

この記事は 6 分で読めます

働きたくない。疲れた。

「もう、働きたくない。疲れた。」

仕事って大変です。
「もう、辞めたい」って思う時もある。

でも、「もう、働きたくない」って言えるのはすごい。

だって、仕事に行っている人でないとこんなこと言えないから。
ニートは「働きたくない」とはいえるけど、
もう、働きたくない」とは言えません。
僕もニートだった当時は言えなかった

そんな仕事に疲れたあなたに、考えてみてほしいことがあります。

あなたの人生は、あなたの為にありますか?

「あぁ。」疲れた仕事生活

毎日毎日、仕事仕事……

もう嫌になる。

働きたくない。

いくら働いても明日は来るし、
休日があれば出勤日もある。

疲れる。

残業なんてあったらもう魂が抜けそう……

僕はバイトしか経験したことありませんが、
フルタイムで働いて残業までこなしたことも普通にあります。

バイトといえど肩書だけで、やることは正社員とほぼほぼ一緒。
普通に夜9時まで残業とか休日出勤とか、ふざけんなですよ。
(今思えば、9時まで残業とか休出ってバイトにやらせるものじゃないと思うんですケド)

帰って布団に入ると、
「あぁ。」と声が漏れることもある。

「あぁ、疲れた。」って最後まで言えないんですよね(笑)

どんなに働いても終わることのない仕事生活。
そんな毎日に精神をすり減らして生きるのは辛い。

「もう、働きたくない」
そう思うのも当然です。

だんだん、仕事に命を削り取られていくぅ……

「もう働きたくない」疲れたときに考えること

「もう働きたくない。疲れた。」
そう感じたときにぜひ考えてほしいことがあります。

あなたの人生は、あなたの為にありますか?

多くの人は普通に働いていますが、
実は会社で働く時間ってあなたの時間じゃないんです。

会社にいる間は好きなことできないし、
会社の言う通りにしなきゃいけない。
会社のための時間なんです。

そもそも、人って何のために働くのでしょう?

もちろん、生きるためですよね。

もう少し突き詰めると、お金を稼ぐため。

お金を稼ぐ方法はいくらでもあるけど、
普通に就職するのが手っ取り早く簡単なんです。
学校でもそれ以外の方法は教えないし。
(というか、教えられる人がいないだけなんだけど)

そもそもの話、生きるために働いているのです。
それがいつしか、働くために生きてしまっていませんか?

「今日も仕事、明日も仕事」

何事も仕事優先になってませんか?

健康で楽しく生きるためにはお金がいる。
そのために仕事するのが本来あるべき姿。

それが、
仕事するために健康を維持しようとし、楽しい生活を犠牲にしてませんか?

あなたの人生が『仕事』に侵食されてませんか?

学校を卒業し、就職し、一人で生きるためにがんばるぞ!
って息巻いて新生活。

それが気づけば仕事中心の生活になっていませんか?

生きるために働くのではなく、
働くために生きていませんか?

たぶん、ほとんどの日本人は働くために生きてます。

そりゃあ疲れるよ。

何よりも仕事優先なんだもの。

「働きたくない。疲れた。」
そんなこと考えてたって、明日も仕事だから働かなきゃって。

手段が目的にすり替わってしまった悪例です。
ただ生活するために、稼ぐために働いていたのが、
いつしかそれが目的になってしまう。

そんな仕事に縛られた生活を続ければ疲れもしますよ。

「働きたくない」って考えるのが普通です。

あなたの趣味は何ですか?
好きなことは何ですか?
幸せな瞬間って何ですか?

その時間こそ、あなたの時間です。

あなたの人生はあなたの為にある。

断じて仕事のためなんかじゃない!

自分の時間を楽しんでこそ、自分の人生だ!!

あなたは自分の人生、生きてますか?

自分の人生を生きるには

もし、
「自分の人生を生きれてないなぁ」と感じるならば、
まずはその生活から抜け出す必要があります。

どんな方法でもいいから、とにかくその生活から抜け出すのです。

早く抜け出さないといつまでも疲れたままです。

周りの目なんか気にせず、残業しないで帰るもよし、
ここを転機ととらえて会社を辞めるもよし、
もっといい仕事探して転職もよし、
一度きりの人生だしチャレンジして起業もよし、
とにかく今の生活から抜け出すことが必要です。

別に会社辞めたって生きてはいけますよ。
世の中にはいろんな仕事があるし、お金を稼ぐ手段なんてごまんとあります。
最悪、ニートでも生きることはできるし。
(元ニートだった僕は元気に生きてるよ!)

仕事くらい辞めてもどうにかなるのが人生!

むしろ、ストレスを抱えたまま仕事のための人生を歩んでる方が危険です。
何よりも仕事が優先され、気が付いた時には身も心もボロボロになってますよ。

日本では仕事によるストレスが原因の死亡事故だってあります。

過労死なんて言葉があるのは異常事態です。

自分の人生を生きてて亡くなるのではなく、
会社のため、仕事のために亡くなった方もいるんです。

日本はもっとこの現実を真摯に受け止めて、
国を挙げて対策をしていった方がいい。
ブラック企業ばかりを悪者にせず、国が動いた方がいいと思う。

とにかく、
「働きたくない」「疲れた」そう感じたならば今の生活から抜け出すことが必要です。

ストレスを抱えてなければ、
「辞めたい」とか「イヤだ」って感情はわいてこないから。
そういう気持ちがあるってことは、それはストレスってことです。

あなたの人生は働くためにあるんじゃない。

あなたの人生は、あなたの為にあるのです!

「もう、疲れた。」

そう感じたときが、人生の転機かもしれません。

人生の転機は「辛い」からくる?!

人生の転機って、いつ、どこで訪れるか分からないけれど、
「辛い」って感情から大きく変わることってあると思う。

「仕事が辛い、もう疲れた」
そういう思いから田舎へ引っ越して脱サラ農家とか、
自分でITベンチャー立ちあげるとか。

「辛い」って人生を変える原動力になると思うんです。

世の中で成功した人って、
過去に辛い経験をしてがんばった人も多いし。

僕も 「辛い」経験からがんばったところもあります。
ニートって家族を含め周りに気を使うとか、
外を堂々と歩けないとか意外と束縛が多いんですけど、
それが辛いと感じたりしました。

あとは会社でも泣くくらい辛いことありました。

僕が泣いて吐くほど辛い経験をしつつ、
100万ぶっこんで起業してしまった話は物語にしてまとめたので、
よかったら見てみてください!
↓↓↓

トップへ戻る