この記事が気に入ったら、シェアもお願いします^^

起業する理由は何でもいい!自己中であれば成功できるさ。

この記事が気に入ったら、シェアもお願いします^^

この記事は 5 分で読めます

起業する理由は何でもいいのです。

「日本の社会をよりよくしたい!」
「世の中に貢献したい!」

起業にそんな大層な理由はいらない。

もちろん、そういう理由で起業するのもいいけど、
それよりは自己中心的な人のほうが成功しやすいと思うゾ。

起業する理由は何でもいい。
自分を一番に考えたらいいと思うよ。

社会貢献したいという理由は素晴らしいが……

起業する理由として、
「社会に貢献したい!」ってのは素晴らしいと思います。

本当に素敵な理由だと思うんですが、
やっぱり自己中心的な理由があった方がいいと思う。

世界を良くしたい、笑顔あふれる社会にしたい、みんなが幸せな世の中を作りたい……
理由としてはとても良い。

でも、目標があまりにもデカすぎる。

幸せな社会を作りたいという理由はあまりにも大きすぎて、
漠然としすぎて、
ゴールが見えないんです。

だから、挫折も多いですよ。

未来はこんなに素敵なのに、その夢とは程遠い現実。

起業して、社会貢献できるようになるまでにはかなりかかります。
まず、自分で生活しなきゃいけないし、人雇うならその人の生活も保障してあげないといけない。

そうやってどんどん売り上げを上げ、
大金を稼げるようになって初めて社会に大きく貢献できるようになるのです。

社会貢献は100円玉を寄付するのでも十分ですが、
起業する理由に社会貢献がある人って、100円の寄付じゃ満足できないんです。

被災地や途上国に数百万円寄付とか、
多くの人が楽しめる施設を作ったり、
みんなが生きやすいように社会の仕組みを変えたり、
まぁ、いろいろあると思います。

でも、それってすごく時間かかるし、大きなお金も必要。
起業して、社会貢献できるくらいになるまでとても長い時間がかかります。

はじめはやる気でも、数週間、数か月と時が流れればモチベーションも下がります。
「あぁ、未来の社会は僕がこんなに素敵にするのに、道は遠い……」って落ち込んじゃいますよ。

それに、社会貢献したいってだけではやっぱりやる気は起きないと思う。

社会貢献の前に自分のやりたいことが先。

欲しいもの買ったり、食べたいもの食べたり、社会貢献はそのあとです。

最初から多くの人のために尽くそうと考えるのはいいことですが、
それだと多分ストレス溜まります。

自己中心的なくらいがちょうどいい。

社会のためとかゴールが遠すぎるから、挫折も多くなる。
結果、成功しにくくなります。

もっと自分のために起業していいんですよ。

社会に役立つような大きな理由を掲げなきゃ成功できないなんてことはありません。
むしろ、自己中な方が成功しやすいと思う。

自己中心的な理由こそ成功のカギ

起業成功に必要なものってたくさんあります。

起業したい理由もその一つ。

理由がショボすぎたり大きすぎたり、ゴールが遠すぎればそれだけ成功も遠くなる。

あなたが今求めるものは社会がよりよくなることか、
それとも自分の生活が豊かになることか。

社会貢献もいいですが、それには自分が豊かでなければなりません。

算数を知らないと算数を教えられないように、
自分が豊かでないと人を豊かにすることはできないのです。

社会貢献の前にまず自分が豊かになり、幸せにならなければなりません。

だから、利己的な理由で起業していいんですよ。

社会貢献は素晴らしいけど、そのために起業するってのはあまりピンとこないと思う。
対して、豊かになりたいという理由はあなたの求めるものですよね。

実際、世の中の起業家は利己的な理由で起業した人が多いですよ。
「世界を良くしたい!」って起業する人はいません。

「借金生活が嫌だから起業して豊かになりたい。」
「会社に縛られるのが嫌だから起業してしがらみから解放されたい。」
「今よりゆとりのある生活がしたい。」
「自分らしい生き方をしたい。」
「自分の思うままに暮らしたい。」

そんな理由で起業する人がほとんど。

別に、お客さんが幸せになれることを願って起業する人はいないんですよ。

起業する理由は利己的でいいんです。
でも、稼ぐためにはお客さんに喜んでもらう必要がある。

理由は利己的でいいけど、あまりにも自己中すぎてお客さんに対する態度が悪いとか、アフターサービスが整ってないとか、自分勝手すぎたら稼げません。

利益を得るためには稼げなきゃいけない。
稼ぐためにはお客さんに喜んでもらう必要があるんです。
お客さんに喜んでもらうには、お客さんのために動かないといけない。

企業がお客さんのことを第一に考える理由は自分の利益を追い求めるためです。

企業が利益を得るにはお客さんに素晴らしい商品・サービスを提供して喜んでもらわないといけないのですよ。

企業がお客さんのために必死になるのは利益のためでもあるんですよ。

起業の理由は自己中でOK!

起業する理由は大層なものでなくていいんです。

豊かになりたい、欲しいものを好きなだけ買いたい、自由になりたい、
それでいいんです。

社会を良くしたいとか、そういう理由よりもこっちの方がモチベーション上がるし、
ゴールもそんなに遠くない。

社会をよくするのは何十年という単位でかかりますが、
自分一人が豊かになるくらいなら早ければ1年とか、数年あればいいんです。

何十年も夢のために頑張るより、
1年真剣に頑張って夢を実現したほうがいいでしょう?

社会貢献は自分が豊かになってからでいいんですよ。

起業したい理由は利己的なものでいいんです。
むしろ、そっちのがいいです。

幸せな社会を作るとか漠然としすぎてるし実現も遠いから絶対、挫折多くなるよ。

そして何度も挫折するうちにあきらめてしまう。

そうならないために利己的な理由を用意しよう。
起業家はみんな利己的な理由で起業したんです。
「豊かになりたい」って起業して成功してるんです。

そして、利益を追い求めるにはお客さんの幸せを求めなきゃいけない。
だから、自分のために稼ぐことを考える人は、お客さんのことを考えてるのです。

利益を追い求めることこそ、お客さんの喜びにつながるのです。

だから、起業した理由は利己的なものでOK!

あなたが起業したい理由は何ですか?
自己中心的に考えましょう!

トップへ戻る