この記事が気に入ったら、シェアもお願いします^^

公務員は安定なのか?半分本当、半分嘘。安定が崩壊していく理由

この記事が気に入ったら、シェアもお願いします^^

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

公務員は安定なのか?

公務員は安定。
それが常識でした。

でした。

過去形です。
公務員は安定でした。

今やその常識は崩れ去ろうとしています。

これからは個々の力をふるう時代です。
安定を求めていると、それが崩壊したときすべてを失うことに・・・

公務員って、本当は安定じゃないのよ。

公務員、それは今も変わらず根強い支持を得ています。
なんせ、安定なのですから。

しかし、それも過去の話になろうとしているのです・・・

公務員は安定です。
クビもないし、リストラもないし、退職金だって出て一生安泰です。

今はね。

インターネットが発達して世が移り変わるスピードが格段に速くなりました。
なにか人気のお店があれば一瞬で流行るし、
くだらないようなことでも多くの人がその情報を共有できるようになった。

ツイッターなんか見てても面白いんじゃないですか?
くだらないことや面白いことが一瞬で日本中に、
いや世界中に発信されるんです!
(僕はあまりツイッターとかやらないのですが、笑)

どんどんテクノロジーも進歩してきてるし、
30年後の未来なんて想像できないですよ。
ガラリと世界が変わってしまうんですから。

30年前を思い返してみてください、
今我々が普通に使っているスマホなんて誰が予測できたでしょうか、
一瞬にして世界中の情報が手に入る社会なんて誰が想像できたでしょうか、
30年で世界はガラッと変わってしまうんです!
(30年前、僕はまだ生まれてませんが、笑)

30年もたてばいろんなものが変わりますよ。
公務員が安泰だという常識すら変わってしまうかもしれません。

例えば、リストラはなくても減給とかは十分あり得ることですよ。

30年後も公務員が安定で安泰だなんてそんな保証はどこにもありません。
今はまだ想像つかないかもしれませんが、
そんな常識がいずれ崩壊するときは来るでしょう。

今でも、100%安泰とは言えないのですから。

例えば、ケガや病気で働けなくなったらどうします?
動けなくて病院で寝たきりになってしまったら安心安泰の公務員でもお給料はもらえません。

公務員が安定というのは半分本当だけど半分嘘です。
一生安泰というのは幻想です。
それにあぐらをかいていると、万が一の時にどうすることもできないですよ。

あぁ、ロボットが安定を奪ってゆく・・・

テクノロジーは日々進歩しています。
いろんなロボットとか開発されてますよ!

10年、20年もすればロボットが人々の生活を支えることになるでしょう。

例えば、自動介助ロボットとかあれば介護がらくらく!
今まで人がやっていた単純作業は全部ロボットが!
ちょっと複雑な仕事でもコンピュータがこなせるようになるでしょう!!

時代は移り行くもの。

近い将来、我々はロボットなしでは生活が不便になることでしょう。

そして、ロボットはどんどん僕らの仕事を奪ってゆく。
単調な作業やちょっとばかし複雑な作業でもロボットやコンピュータがこなせるようになります。

僕も市役所で働いたことがあるんですけど(臨時職員だけど)
やっぱり単調な作業とか簡単な作業ってのがありました。
そういった仕事って人じゃなくてもできるんですよ。

ロボットやコンピュータがどんどん発展してそういう仕事とかやりだしたら公務員なんて人いらなくなりますよ。

そんなことだから、将来的には公務員の給料が下がったり、人員削減とかもあるかもしれません。

公務員は安定していて一生安泰だなんて言ってられなくなりますよ。
その安定が、崩壊する未来だって全然あり得ますから。

あなたの信じる『安定』は砂の城

もしあなたが公務員だったとして、突然安定を奪われたらどうしますか?

多くの公務員は安定を奪われてもなすすべなくそれを受け入れることになるでしょう。
たとえ減給になろうが、解雇されようが。

20年後や30年後の未来なんてどうなるかわかりません。
今は公務員は安定かもしれませんが、この先もずっとそうとは限らないのです。

安定だけに執着していると将来困ったことになるかも。
安定に依存し続けるのはあまり推奨しません。

公務員だから安定していて生涯安泰なんていうのは幻想です。
今はまだ安定と言われてますが、いつそれが崩壊するかなんて誰にも分りません。

今はまだ、公務員は安定とされています。
ただ、それに依存してはいけません。
何かに依存していると、それが崩壊した時にあなたのすべてがそこから崩れていきます。
あっという間にこれまで積み上げてきたものがボロボロと砂の城のように崩れてしまうのです。

「公務員は安定」という常識が崩壊したとき、
それでもずっと安心し続けられる人というのはずばり、依存しない人です。

公務員という豪華客船に乗っていながら、常に一人用ボートを小脇に抱えている人。
そんな人はどんな時でも一人で逃げることができるのです。

逆に、豪華客船を信用しきっている人は万が一のとき、慌てふためき逃げ遅れてしまいます。
外からの助けが来るのを待ち続けるしかないのです。
まぁ、無事に助けが来ればいいのですが・・・

公務員は安定というのは半分嘘です。
未来がどうなるかなんて予想できないのです。
だからこそ、いつどうなってもいいように対策しておくべきなのです。

これこそ、最強の安定だ!

公務員は安定ではありません!

それに依存していると、将来痛い目を見ます。

だったら自分で安定を作り出してしまえばいい!!

そもそも安定とは何かというと、
お金に困らない、かつその状態がずっと続くことです。

公務員はお給料がもらえるのでお金には困りません。
しかもリストラとかないのでその状態がずっと続きます。
これが安定の正体です。

でも、減給とかケガや病気というリスクは付きまといます。
そういった意味では公務員は本当に安定とは言えないのです。

安定とはお金に困らない、かつその状態がずっと続くことです。
自分でその状態を作り出すとはどういうことかというと、
いつでも稼げる状態にしておくということです。

ケガをしても、病気で寝たきりになっても稼ぎ続ける、
それこそ真の安定です。

そんなことできるわけないって?
実はそうでもないんですよ。

自分でビジネスを始めればいいんです。
インターネットによって便利になった世の中、起業もしやすくなったんです。

そして、ビジネスには『自動化』という概念があります。
社長って何してると思いますか?
少なくとも、社員と同じようには働いていないはずです。
社長自体は働かなくても社員が働くから会社は回るしお金は稼げるんですよ。

ちょっとイメージしにくいかもしれませんね。
自動販売機ならどうでしょう?

自動販売機って常に稼働してますが、設置した人は遊んでたり寝てたりします。
それでも自販機はお客さんに絶えず商品を売り続けています。
これが自動化です。

自分が手を出さなくても稼ぎ続けることができる、
これができるのが起業です。

システムや社員に働かせれば、自分は寝てても遊んでても稼げるのです。
自由な時間が増えますね。

公務員が安定と言われていたのは、もう過去の話かもしれません。
これからは自分自身で稼ぐ時代です。
起業しやすくなった今だからこそ、個々の力が存分に発揮できます。

公務員の安定に依存せず、自力で稼ぐことこそが最強の安定です。

トップへ戻る