この記事が気に入ったら、シェアもお願いします^^

内定ブルーで辞退?!就職で自信がなくなった時の対処法

この記事が気に入ったら、シェアもお願いします^^

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

内定ブルーは辞退禁物!

内定ブルーという言葉をご存知ですか?
内定が決まったのに不安や心配から落ち込んでしまい、自信がなくなってブルーな気分になってしまうことです。

不安に押しつぶされそうになって辞退したくなる気持ちがありますね。

でも、よほどの理由がない限りそれで内定を辞退してはいけません。
辞退してもあなたのためにはなりません。

なので、その不安を取り除き、なくなってしまった自信を取り戻しましょう!

内定ブルーは未知への恐怖

内定ブルーという言葉があります。
内定が決まったのに不安や心配などから気分が落ち込んでしまったり、
自信がなくなってしまう状態のことです。

あぁ、内定決まったけど、自分にこの仕事ができるだろうか。
そういう心配や不安が込み上げてきて自信がなくなり、内定辞退をしてしまう人も中にはいるでしょう。

内定ブルーになる人って結構多いんですよ。
もちろん、僕も経験あります。

内定ブルーになっても心配することはありません。
ほとんどの人は内定ブルーになるのですから。

「内定が決まったのに、自信がなくなってしまった。」
「この仕事が本当に自分にできるのか不安だ。」
「職場に馴染めるか心配。」

内定ブルーになってしまう理由は様々です。
でも、理由を聞いてみると一つの共通点があるのです。

未知への恐怖です。
大まかな仕事内容は知ってても、詳しいところまでは分からない。
やったことない仕事だから自分にできるか分からない。
職場の雰囲気とか知らないから馴染めるか分からない。

内定ブルーは「分からない」から来る不安なのです。

未知への恐怖というのはみんな持ってます。
目の前にチョウチョ飛んでても怖くはないですけど、
エイリアンが飛び跳ねてたら怖いですよね。
近づきたくない。

虫が怖いというのもこれに近いものがあります。
その虫のこと詳しく知らないし、次にどんな動きをとるのか予測できないという怖さがあります。
噛んでくるかもしれないし、刺してくるかもしれない。

未知への恐怖は人として当然の反応です。
なので、内定ブルーというのは人として当たり前の反応なんですよ。

何か新しいことを始めるときには不安が付きまとうものです。
内定ブルーになってしまうことって普通なんです。

一時的な不安です。

一生ついてくるものじゃありませんよ。

内定ブルーになった時に取る行動

内定ブルーに押しつぶされて辞退する人もいます。

でも、これは最善策とは言えませんね。

はっきり言って「逃げ」です。

内定ブルーになった時にどう対処するか、そしてどう付き合っていくかが大切です。

辞退はダメです

内定ブルーになると、とにかく辞退したくなります。
不安や心配などで押しつぶされそうになって精神をすり減らし、
とても大きなストレスとなるので今すぐにでも辞退したくなるのです。

でも、絶対に辞退してはいけません。

辞退してもあなたのためにはならないし、また次も同じようにブルーになってしまいます。

内定ブルーを理由に辞退すると、ろくなことになりませんよ。

よほどのことがない限り、内定を辞退するのはやめたほうがいいですね。

内定ブルーの対処法

内定ブルーになってしまったらまずは落ち着きましょう。
不安や焦りがあるのは当たり前なのですから。
それらに押しつぶされないように対処していきましょう。

就活を思い出す

就活中はとにかく必死で仕事を探してましたよね。

「この会社なら!」「この仕事なら!」そういう思いで求人応募しましたよね。

今悩んでいるそれは、あなたがそのとき一番いいと思った仕事なんです。

数ある仕事の中から選んだ1つの答えなんです。

この求人を見つけたとき、きっとあなたはうれしかったでしょう。

だって、自分にぴったりの求人がそこにあるのだから。

そんな素敵な仕事を辞退するなんてとんでもないですよ。
内定もらった後で不安になるのもわかります。
でもあなたが悩んでいるその仕事は、ちょっと前のあなたが必死で見つけ、「これだ!」と思った仕事なんです。

求人に応募した時の気持ちをもう一度思い出してみましょう。

面接を思い出す

あなたがその会社に面接に行った時のことを思い出してみましょう。

前日、いや面接直前まで何をしゃべろうかシミュレーションしていたと思います。

面接で失敗しないように頭の中で何度も復唱し、
合格をつかみ取ろうと頑張ったはずです。

そして、努力の末に「採用」を勝ち取ったのです!

うれしかった気持ちを思い出してみましょう。

みんなはじめは不安だった

あなたが内定もらった会社ではどんな人が働いてますか?

優しそうなおじさんやパートのおばちゃん、
自分と年の近い人や年下もいるかもしれません。

さて、その人たちにその仕事ができて、あなたにできない理由はありますか?

たぶん、ないですよね。
今でこそ普通に仕事をこなしてますが、みんなはじめは不安だったんです。
大丈夫。
あなたにもできますよ。
だって、あなたが「この仕事ならできそう!」って選んだんですから。

脳内シミュレーション

不安というのはずっとついてきます。

そして、不安や焦りからネガティブな思考になってしまうのです。

失敗したらどうしよう、嫌な職場だったらどうしよう、そんな気持ちが渦巻いて余計にネガティブになってしまいます。

ここはポジティブ思考に転換して、楽しく考えてみましょう!

まず、初日はどんなふうに行動するのかシミュレーション!
出勤して、挨拶して、上司の人から職場や仕事内容などの案内がありますね。
笑顔でやる気に満ちた態度を示し、がんばる姿勢を見せつけてやりましょう!

1週間もすれば職場や仕事にも慣れてきそうですね。
休み時間に同僚とたわいない話をしたり、仕事だってある程度こなせるようになってます。
一生懸命に仕事して、周りからも認めてもらえるようになります。

そして、来月にはお給料!
この日のために必死で仕事を探し、今までがんばってきたのです!
「あぁ、この会社で働けてよかった!」そう思えるようになりますよ。

入社初日はどんな感じか、
1週間後はどんな感じか、
1ヶ月後はどんな感じか、

頭の中でシミュレーションしてみてください!

もちろん、ポジティブにね。

お給料をもらってうれしい自分が来月にいます。
そんな頃には、「内定ブルーなんて悩んだだけ損だったわ」って思ってるはず。
素敵な未来をシミュレーションしましょう!

悲しみの面接辞退

僕が昔にバイトしていたところで、面接辞退の電話がかかってきたことがありました。
店長がいなかったので僕が電話を受けました。
面接辞退って、とっても悲しいんですよ・・・

「あの~、そちらで面接していただく予定だった者なんですが、自信がなくなってしまって、面接辞退させていただけませんか?」

面接ブルーですね(笑)

求人に応募したはいいものの面接に対する不安が募り、自信がなくなってしまったようです。
僕も面接受けるたびに不安な気持ちが込み上げてきたので気持ちはわかります。
でも、そこで辞退してしまったら何にもならないのです。

せめて、面接くらいは受けたほうがいいですよ。
そのうえでその仕事が自分に合わないと思うのなら内定辞退という選択もあります。
面接を辞退するのはあまりおすすめできませんね。

その電話とるまで、「新しい人が来るかもしれない!」って僕も楽しみにしてたんですよ。
一緒に仕事する仲間が増えるというのは嬉しいものですから。

でも、その人は面接にすら来なかったのです。

ちょっと悲しい。

せめて、面接くらいは来てほしかったな。

面接辞退すると、僕みたいに悲しいと感じる人もいるんですよ。
なので、面接だけは受けてください。

採用担当者もそのためにいろいろ準備してくれてますしね。

なんの不安もない方法

内定ブルーや面接ブルーとはうまく付き合っていくしかありません。

でも、就活のたびにブルーになってたら、なんか嫌ですよね。
僕は嫌です。
面接受けて採用通知届くまでの間、すごいストレス溜まりますよ。

働くのが不安で仕方ないのは、何をするのか細かいことまで全て知らないからです。
「この場合はどう対応していいのか」
「この作業はいったい何のためにやるのか」

そういったことが分からないと不安は募るばかりです。
そして、こういう不安ってもんのすごいストレスです。

そんなストレスを抱えてまで働きたくないのじゃ。

なら、何も不安のないようにすればいい。
すべてを分かっている状態にすればいいのです!

それには、会社のオーナーや経営者の考えていることが分かっている必要があります。

でも、それって不可能ですよね。
赤の他人の考えてることなんてわからないんです。

それなら、自分が経営者になればいいんです!

今は人類史上最高に起業しやすい時代なんですよ。

それこそ、主婦や学生、ニートまでもが起業できる時代。

ちょいと本気を出せば誰だってビジネスオーナーになれるんです。

起業してしまえば二度と内定ブルーにはなりません!
起業という選択肢を持ってれば、あなたの人生は大きく変わります。

ニートが起業するキッカケとなった動画を紹介!
人生を変えるほどの動画だと……?!

トップへ戻る