この記事が気に入ったら、シェアもお願いします^^

ニートでもできるような、だらだら仕事ってコレのこと?こりゃ楽だね

この記事が気に入ったら、シェアもお願いします^^

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

ニートにもできる仕事とは?

ニートでもできる仕事。

家にいながらでもダラダラできる仕事。

もし、そんな仕事があるのなら・・・

ニートでも働けるようなぬるい仕事内容だったり、
逆にニート極めて家でダラダラしていても稼いでしまうような人、
そんなのが多い世の中になりました。

ニートは稼げるか?

結論を言うと、どんなに働いてもニートは稼げないでしょう。

まず、ニートの定義なんですが、
Not in Education, Employment or Training
のそれぞれ頭文字をとってNEET(ニート)です。
意味は、「就学」「就労」「職業訓練」のいずれも行っていない人。

要するに、
「働かな~い、勉強もしな~い、家でずっとダラダラした~い。」という僕のような考え方を持った人のことですね。

そして、一つでもバイトを始めようものならニートの定義から外れます。
働いてるので。

つまり、ニートは稼ごうと思って少しでも働いた瞬間、ニートではなくなるのです。
バイトの一つでも始めれば脱ニートできますよ。

さて、あなたはこんな屁理屈を聞きに来たわけじゃないと思うんですが(笑)

まぁ、普通はニートからいきなり正社員というのは難しいかと。
なかなか雇ってもらいにくいというのもあるし、
今までだらけたぶん、仕事するのってキツイと思うんです。

なので、普通に働くならまずはバイトからですね。
それがいいと思いますよ。

ダラダラしてても稼げる仕事

ニートとは働きたくない生き物です。
僕もそうなのでよく分かります。

できればダラダラしていたい。
でも、ある程度は稼ぎたい。

それなら、ダラダラニートのような生活をしながら稼げばいいね。

ダラダラできる仕事って探せばありますよ。
ビルやマンション、駐車場などの管理人とか、
個人経営の小さなお店なら仕事も少ないでしょう。

そういう簡単なバイトを探してもいいでしょう。

僕の父も定年後、管理人みたいなことやってました。
たまに来るお客さんの相手するだけ。
他はスマホいじったり、テレビ見てたり、
だらだら1日を過ごして給料もらってました。

そういった仕事で一番大変なことは探すこと。

ダラダラできる仕事ってやっぱり人気ですよ。
早い者勝ち。
だから探すのが一番難しい。

求人情報誌やネットなどで血眼になって探せば一つくらい見つかると思うよ。

でも、どうせなら大金稼ぎたいよね。
ダラダラできる仕事って、だいたい低賃金。
やってらんないよ!

でも実は、働かずに稼いでる人だっているんです。

それも、何十万、何百万、はたまた何億……

本当に、文字通り働かずに稼ぐ人っているんですよ。
不労所得ですね。
例えば、大家さんなんか月に一度家賃の回収すればいいだけです。
管理人を雇えば自分は何もしなくていいですしね。

ほんの一例ですよ。

まさに、ニートでもできる仕事とはコレのことですよ!
不労所得!!
働かずして稼ぐなんて素晴らしい!!!

「でも、そんなのニートにできるの?」

実は、だれにでもできます。
みんなやらないだけなんですよ。
というか、知らないだけなんです。

働かずして稼ぐという選択肢を知らないから、働いて稼ぐしかないんですね。
選択肢が少ないというのは悲しいもので、
知らなかっただけで損をすることはたくさんあります。

もったいない。

ニートでもできる仕事、
というよりニートにうってつけの仕事は起業家です。

起業家というのは面白いもので、
あくせく働いてがんばる人もいれば、
大家のようにほとんど働かず自由に生きている人もいます。

一生懸命、誰よりも働く忙しい社長もいるし、
のんびりだらだらと1日3時間しか働かないという社長もいるし、
1年のほとんどを遊んで暮らしてる社長もいます。

彼らの違いはたった一つ。

ビジネスモデルです。

「どんなふうに商品を売ろうかな」って考えたときに、
それはきまります。

起業には“自動化”という概念があります。
自動で稼ぎましょうという考え方です。

大家のように自動でお金が稼げる仕組みを作ったり、
様々なツールを使ったり、人を雇えばそれが可能です。

自分では一切働かずに稼ぐってのはニートでもできる仕事ですよ。
ダラダラ生活しててもできますよ。

うん。素晴らしい。

逆に、社長自ら動かないと会社が回らないようなビジネスモデルを組めば、
当然忙しい社長になります。

簡単に言うと、
会社を回す歯車に社長自身が含まれているかいないかの些細な違い。

これだけ知ってれば、
あなたもダラダラ社長になることだって不可能じゃないですね。

実際、ほぼ働かないのに年収3億の人とかいますし。
本当に、働いてないんですよ。
年中遊んだり旅行したりしてます。
彼は自動化を極めた起業家ですね。

逆に、毎日あくせく働く人もいるんですが、
彼らは自動化という概念を知らないんでしょうね。
選択肢が少ないというのは悲しい。

僕は元ニートでした。

それでも、稼ぐことはできるんです。

しかもほぼ働かずに。

働きたくないニートでもこれならできそうですね。

起業して自動化を極めれば自由な生活が手に入ります。
そして、“起業家”という大義名分のもと、
堂々とニート生活を送れますよ(笑)

ニートでもできる仕事

自動化の概念を知った起業家は最強ですよ。
ニートでもできる仕事ですからね。
ほとんど働かずに自由に生きることができます。
自分らしい生活ができるの。

今の時代、起業するのも簡単になりました。
学生や主婦、ニートですらできるほどに。

ここは一つ、起業知識を身に付けてはいかがでしょう?
知らないと損することは多いけど、知っていれば得だらけ。

選択肢を増やせば自分らしい生き方ができますよ。

起業家として堂々とニート生活なんて夢みたいじゃない?

お金もある、時間もある、そんな生活を目指すのはどうでしょうか。

ここで出会った新たな選択肢に乾杯!

トップへ戻る