この記事が気に入ったら、シェアもお願いします^^

楽な仕事に転職する為の手引き。あなたにとって『楽』とは?

この記事が気に入ったら、シェアもお願いします^^

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

楽な仕事に転職するための手引き

「どっかに楽な仕事ないかな~」

もし今と給料が変わらないなら楽な仕事の方がいいに決まってます。
今と変わらずに稼げて、もっと楽な仕事があれば転職だって考えるでしょう。

では、“楽な仕事”とは?

誰もが楽な仕事を望みます。
転職を考える人も中にはいるでしょう。
そして、楽な仕事に転職し、後悔する人もきっと少なくありません。
(僕は楽な仕事への転職に失敗し、後悔した過去があります。)

そんな後悔をなくすため、あなたにとっての楽な仕事を探してみましょう!

楽な仕事に転職して後悔する話

楽な仕事をしたいと思うのは人であればあたりまえ。
楽な仕事をしたいというのは悪いことじゃありませんよ。
とても人間的でいいと僕は思います。

かくいう僕も楽な仕事を探しては転職しようと考えてました(笑)

ただ、やっぱり後悔することもあります。

「あぁ、なんで前の仕事辞めちゃったんだろう・・・」

そんなことを考える日もありました。

楽な仕事に転職することは悪いことではありませんが、
慎重にいかないと後悔することになります。

実際働いてみたら前の仕事の方が楽だったとか、
転職先の人とそりが合わないとか、
楽すぎてつまらないとか、
後悔するポイントって結構ありますよ。

僕も楽な仕事に転職して人間関係で悩んだことがあります。
仕事自体は楽だけど、人間関係がうまくいかないとストレスは溜まりますね。

そんなとき思うんですよ、
「あぁ~、前の職場の方がよかったわ~。」

後悔というのはどうしても先に立ってくれません。

楽な仕事に転職して成功することもあれば失敗することもある。

両方経験した僕だからこそ、アドバイスできることもあると思うんですよ。

楽な仕事に転職するのは悪いことじゃありません。

楽な仕事の方がいいと考えるのは当たり前。

楽な仕事に転職できればあなたの精神状態は良好。
あなたと周りの人たちもより楽しい生活が送れます。

あなたにとっての楽な仕事の見つけ方

仕事には大きく2つの分類があります。
“頭を使う”“体を使う”かです。

頭を働かせて稼ぐか、体を働かせて稼ぐか、
どちらにも良い点や悪い点、合う人合わない人がいます。

そもそも、本当の意味での“楽な仕事”というのは人によって違うのです。
頭を使う仕事は肉体的には楽ですが、合わない人だと精神的にキツイかも。
逆に、体を使う仕事は肉体的に消耗するけどそっちの方が楽という人もいます。

人によって楽な仕事は違います。
あなたはどちらのタイプ?

頭を使う仕事

頭を使う仕事はデスクワークが多いです。
1日中机に座っての仕事ですね。
事務職や教師、研究者とかが当てはまりそうです。

あまり体は動かさないので肉体的には楽ですね。

まぁ、頭を使う仕事といってもいろいろありますから、
電話対応に追われる仕事やひたすら数字を眺め続ける仕事、
書類を穴が開くほど見つめなきゃいけない仕事もあるでしょう。

肉体的に疲れることはありませんが脳みそは疲労します。
仕事が終わって帰るころには頭ぐるぐるですね。

体を使う仕事

体を使う仕事は基本的に動き続けます。
歩き回ったり、筋肉を使ったり、体力勝負ですね。
大工やとび職など工事現場で働いたり、技術職や調理師、単純作業などもそうです。

主に体を動かす仕事なので肉体的には疲れますが、
体を動かすのが好きだったり体力に自信がある人にはおススメです。

汗をかいた後のお風呂は格別です。

頭も体も使うハイブリッド

頭も体も両方使う仕事も中にはあるでしょう。

例えば営業なんかは新規顧客を開拓するためにひたすら歩き回ります。
それでいて、お客さんとの対話や資料作成などデスクワークもありますね。

頭も体も使うのでちょっと大変な仕事にはなるかもしれませんが、
達成感がある仕事が多いのではないでしょうか?

あなたは○○を使う仕事が向いています!

考えることが好きだったり体を動かすのがあまり得意でないなら、
頭を使う仕事が向いてるかも。

体を動かすのが好きだったり単純作業でもくもくと仕事をするのが好きなら、
体を動かす仕事が向いてるかも。

人によって楽な仕事って違うんですよ。
あなたはどちらのタイプですか?
自分に合った仕事を選ばなきゃ、どんなに楽そうな仕事でも辛くなっちゃいますよ。

人間関係は働いてみないとわからない。

楽な仕事は人によって異なるのですが、本当に楽かどうかは仕事内容だけでは計れません。

例えば、自分にとって楽な仕事内容でも人間関係がギクシャクしてたらストレスになるし、
上司とそりが合わなければ精神的に楽とは言えませんね。

ただ、こればっかりはそこで働いてみないとわからないです。
僕も一度、これで失敗してます。
職場の雰囲気を一度や二度見ただけでは判断が難しいですね。

もう、運です。

残念ながらそうとしか言いようがありません(笑)

運が良ければ転職してよかったとなりますし、
運が悪ければ転職なんてするんじゃなかったと後悔します。

転職のリスクの一つですね。

面接で一度や二度職場の雰囲気見ただけじゃわからないと思います。
運任せになっちゃいますが、本当に人間関係が合わなければまた探せばいいんですよ。

僕は雇われて働くのが向いていないのじゃ!

頭を使うとか体を使うとか、それ以前の問題です。
人に雇われて働くということが向いていない人もいるでしょう。

そんな人に朗報!
世の中には雇われずに稼ぐという選択肢があるのです。

普通に暮らしていると気づきにくいかもしれませんが、
実は僕らが取れる選択って『雇われて働く』だけではないのです。

特にインターネットが発達した今の時代、個人がお金を稼ぐのが容易になりました。
お小遣い程度なら高校生や主婦でも稼ぎます。

あれですよ、だいぶ起業しやすい時代になったんですよ。

そんなことだから独立する人も昔より多いと思いますよ。
起業って難しそうなイメージがあるかもしれませんが、
個人が生活できるレベルのお金を稼ぐくらいならそこまで難しいことじゃありません。

まさに、現代にピッタリの新しい生き方です。

この生き方が向いてる人、けっこういると思います。

あなたもそうかもしれませんよ?

トップへ戻る