この記事が気に入ったら、シェアもお願いします^^

突然のリストラでも再就職に困らない。今のうちに対策すればね。

この記事が気に入ったら、シェアもお願いします^^

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

再就職先には困ります。

リストラ。

それは音もなく突然やってくる・・・

サラリーマンにとって最大の敵、まさに死の宣告です。

しかし、あらがうことはできるのです。

本当にあった怖いリストラ

リストラは突然です。

一瞬で信じていたものが崩壊し、すべての歯車が狂いだす。

大手企業だろうが、期待の新人だろうが、10年勤めてようが関係ない。

大企業のシャープが7000人のリストラをした話はそこそこ有名ですね。
大企業だと安心しきっていた人たちが一気に路頭に迷うことになった大事件です。

いつ、だれの身に起こるか分からない・・・

リストラされればすべてを失ってしまいます。

残るものは何もない。

そしていずれは別の仕事を探さないといけない。

さらに「再就職」は決して簡単なものにはなりません。

今あるもの、そして未来までをも奪っていくリストラ。

誰でもこの被害者になりうるのです。

サラリーマンはこんな恐ろしいリスクを抱えて生きているのです。

これが30代40代となればもっと深刻な話です。

家族がいたり、ローンを組んでいたり、生活がかかっています。
それらが立ち行かなくなった時、
精神的に参って全てを“やめて”しまう人も中にはいるでしょう。

リストラとはとても残酷なものなのです。

リストラされたけど再就職は可能ですか?

リストラでまず考えねばならないのは再就職でしょう。

「はいはい、職探し職探し。」

なんて簡単にはいきませんよ?
アルバイトじゃないんだから。

リストラからの再就職は普通に仕事を探すより難しいものになるでしょう。

特に40代50代でリストラに合ったら再就職はほとんど望むところへは行けないことが多い。

もし、それでいいとこに再就職できたとしたら、それはよほど優れた技術や知識を持っていたとか、業界に詳しく経験が豊富だったとかなにか理由があるはずです。

ほとんどの人は再就職先が見つからずバイト生活をするか、
また見つかっても待遇がイマイチだったりなど不満ばかりが残ります。

20代や30代くらいならギリギリやり直すチャンスはあるかもしれませんが、
正直、40代50代でのリストラはきつすぎます。

再就職できたとしても、待遇は前にいた会社より悪いことがほとんどでしょう。

再就職はかなり厳しいものになります。

それがリストラというものなのです。

極論を言えば、仕事さえ選ばなければ就職先はいくらでもあるのですが、
体力的にキツイとか、プライドとか、積み上げてきたものを捨ててまで再就職するのは本当に辛いことです。

常人にはなかなかできません。

リストラされた人の多くはこう思っているはずです。

「まさか、自分がリストラされるなんて……」

夢にも思っていなかったでしょう。

いつ、どこで、だれがリストラされるか分からない。

今はそういう世知辛い時代なのだ。

だから、いつリストラされてもいいように、常に未来のことは考えておきたいですね!

誰も教えてくれないリストラ。
いや、学校で教えろよ!

そもそも、リストラって何の略か知ってますか?

Restructuring(リストラクチャリング)

企業再構築とか、再編、構造改革などの意味があります。
(人員削減で改善するのは支出だけなんですケド……)

まぁ、普通は知らないですよ。

だって、だれも教えてくれないんだもん。

学校ではいかにして素晴らしい企業へ就職するかは教えられますが、
リストラのことは何一つ教えてもらったことありませんよ。

だからリストラされたとき、路頭に迷ったり、辛い生活を送ることになったり、すべてが嫌になってヤケになり全部やめちゃうという選択をしてしまう人さえいるのです。

学校で習ってない範囲の問題をテストで出されても解けないですよね。
知らなければどうにも対応することができないのです。
もし、そんな問題をテストで出そうものなら生徒から大ブーイングを食らいますよ。

生徒たちは見たこともない問題に手も足も出ず、撃沈。
「まだ習ってないよ~!」と言い訳できるだけマシですけどね。

いきなりリストラ宣告されても、「そんなの聞いてないよ~!」なんて言えないですから。

知らないのに行動できるわけがない。
これがリストラされたあとで再就職が難しくなる理由の一つです。
ほとんどの人がリストラの対策について知らないし、教えてもらったこともないんです。
ほんと、ひどい世の中ね。

リストラが何なのかよく分かっていないのに、対策なんてできるわけない!

ここ、怒っていいですよ。

というかそもそも、この分野は学校で教育するべきだと思うんですよ。

学校は就職だけを教える。
そして感動の卒業式を迎えたら……
あとは知らんぷり。

残念ながら学校の先生は僕らの人生の責任を取ってくれません。

良いことだけでなく悪いことも知っておかないと、善悪の区別はつきません。
ここは学校が就職とリストラについて詳しく教えるべきです。

リストラとは何か、再就職するにはどうすればいいか、また再就職せずにもっと良い方法があるのならそれは何か……

職場の先輩や上司はまずリストラについて教えてくれることはありません。
だからこそ、学校が教えるべきだと僕は思います。

まぁ、今の教育システムがそうなっていない以上、自分で学ぶしかないんだけどね。

いつリストラされてもいいように対策しておく。

誰もやってないけど、これが結構大事なこと。

就業規則守るのと同じくらい大事ですよ(笑)

いつリストラされても大丈夫だよ、再就職のことも考えてるし、今後の生活もバッチリだよ。
という猛者はなかなかいないかもしれませんが、このくらい対策しておけばつまづくことはありません。

第2第3の武器を持て!
リストラされても困らない方法

リストラからの再就職は極めて難しいでしょう。

ほとんどの場合、以前の職場より待遇が悪くなったり、アルバイトとして生計を立てたり、明らかに生活は苦しくなります。

第2、第3の武器を持つ。

当たり前のようで難しいことです。

でも、これがあればリストラなんてあんまり怖くない。

事前に準備をしておけば何事もうまくいく。
そうでなくとも悪い結果にはなりません。

リストラ対策の簡単な方法は求人情報を見続けることです。
常に再就職先を考える。

すんごいストレス溜まりそうな方法だけど、
これを考えていればリストラされても再就職先に困ることはあまりないと思います。

「あ~、もしリストラ宣告されたらこの仕事に就いてみようかな。そのためにはこの資格が必要だからユーキャンの資料でも請求してみるか……」

そんなことばかり考えて5年も過ごせば、その頃には資格をたくさん持ってて企業から欲しがられる人材になっているかも。

新卒採用でも再就職でも同じですが、企業に自分を必要と思ってもらわなければなりません。
じゃあ、企業が欲しがる人材とは何かというと、「仕事ができる人間」です。

もうちょい突っ込んだことを言うと、面接のときに「仕事ができそうな人間」に見られれば合格です。

リストラというのは再就職ではマイナスの評価になるでしょう。
でも、それをカバーできるだけの資格を持っていたり、技術があれば、再就職もそこまで苦労せずに、うまくいくはずです。

これがダメになったらこっち。こっちもダメそうならあっち。
常にいろんな可能性を考えて、どんどん武器を増やしていく。

ドラクエのラスボスにこん棒一本で立ち向かう勇者なんていませんよ。
鎧、剣、盾、道具もそろえてフル装備で戦いを挑むはずです。

さて、突然ですがここで問題です。(デデン♪)

ある王国がモンスターの大群に襲われました。
王国が戦士として雇うのは?

A.こん棒1本もった駆け出し勇者
B.いくつもの戦いをくぐり抜けたフル装備のさすらい冒険者

どう考えてもBですよね。
この人は勇者じゃないけど、勇者にない装備や経験をたくさん持ってる。

Aは勇者だけど、即戦力にはならないし、そもそも戦力になってくれるかどうかも分からない状態です。
新卒なら間違いなく採用だろうけど、中途なら採用はされないね。

企業が欲しがる人材とはすぐに戦力となってくれる優れた人のことです。

リストラは安心しきったところに突然やってくる。
それをいつでも払いのけられるような強力な武器を少しずつ集めましょう。

最大最強の武器は自分自身

実は、リストラされてもクビにされても痛くもかゆくもない方法があります。

再就職先に困ることも当然ありません。

簡単ですよ。
2つめの収入の柱を持っていればいいだけです。

本業とは別で収入がある。

これこそ最も安心かつリストラやクビも怖くない最強の方法です!

ちょっとした副業から始めて、独立できるレベルまで稼げるようになれば怖いものなし。
独立できるレベルで稼いでるんだから、再就職先なんていらない!
自分から辞表をたたきつける勢いですね(笑)

この選択肢を一つ持っておくと世界が変わります。
実際、本業以外の副収入を持っている人や持とうと努力している人は意外にもたくさんいますし、たぶん彼らの生活に対する安心感はとてつもなく大きいでしょう。

「起業してやる!」くらいの勢いで取り組んでみてください。
それで、本当に起業ちゃった人もいますから(笑)

再就職するにしたって、副業があるのと無いのとじゃ比にならないくらい安心感は違います。

収入の柱は2本以上持ってれば安心。
本業が潰れてなくなっても焦らず冷静に対応できるから、やっぱりこの選択肢は持っておくべきですね。

「起業してやる!」くらいの勢いがあれば、副収入を得ることなんてそんな難しいことじゃないですよ。

最大の武器は自分自身。

自分の行動次第で決まるのです。

常に最良の選択を取っていけば、あなたは常に笑顔でいれますよ。

あっ、でも副業禁止の会社もあるね。
それなら、いつでも稼げるように勉強しておけばいいんです。

今日リストラされたら明日からすぐに次の職を探せるように、
ひたすら資格の勉強するのもありだし、
自分一人の力で稼ぐ、起業する力を身に付けるのもいいですね!

起業やビジネスの知識は勉強して損はないですよ。
サラリーマンを続けるにしたって、起業・ビジネスの知識は役に立ちます。

おもしろい人がいて、
起業するために勉強をがんばってたらみるみる成績が伸び、
「よし、独立するから会社辞めよう!」と辞表出したら社長直々にウチにいてくれと懇願された人がいるんですよ。

ビジネスの知識って、持ってて損はないですね。

トップへ戻る