この記事が気に入ったら、シェアもお願いします^^

人の幸せを喜べない?大丈夫、それはあなたのせいじゃない。

この記事が気に入ったら、シェアもお願いします^^

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

人の幸せを喜べないのはあなたのせいじゃない。

「人の幸せを素直に喜べない」
それはあなたのせいじゃないよ。

性格が悪いわけでも、心がすさんでるわけでもありません。

実は、人の幸せを喜ぶのってすごく高度なことなんです。
それをやろうとしてるんだから、あなたは立派です!

人の幸せを喜べないのはどうして?

人の幸せを喜べないのはあなたのせいではないのですよ。

親戚や友人に幸せが訪れたときに素直に喜んであげられないのは、
あなたの性格が悪いからでも、心がすさんでいるからでもありません。
嫉妬しているわけでも人を不幸にしたいわけでもないです。

実は、人の幸せを一緒に喜ぶのってものすごく高度なことなんです。
動物なんて見てください。
自分のことで精いっぱい。

自分以外の動物のことまで考えられるのは極めて高度。
中でも人間はトップクラスですよ。
なんせ、人の感情まで推し量ることができるんですから。

人の感情を考えるのって難しいですよね。
他の動物にはなかなかできませんよ。

「人の幸せを喜ぶ」というのは、
その人の幸せな感情を汲み取り、共感し、
自分のことのように考えるというとても高度なことです。

そんな高度なことだから、
ちょっとしたことでうまくかみ合わなくなることがあります。
まるで精密機械の小さな歯車のように。

人の幸せを喜ぶには、あなたが日々の生活の中で幸せを感じることが必要条件。

「先輩から褒められた!」
「レストランの限定メニューがおいしかった!」
「注文してた商品が届いた!」

どんな些細なことでもいい。
自然と笑顔がこぼれる出来事が必要です。

しかし、ストレスを抱えて生きてると、それすら難しくなる。

日々の生活に追われてストレスが溜まってしまうと、
この“小さな幸せ”というのを感じにくくなってしまいます。

「あぁ、褒められた。」
「なんか、この料理おいしい気がした。」
「注文したのがやっと届いたか。」

ストレスがたまったり、元気がなくなると、
小さな幸せは感じにくくなり、笑顔も少なくなってしまいます。

人の幸せを喜ぶには、自分が幸せでなければならない。

それなのに日々の生活に追われて小さな幸せすら喜ぶことができなくなってしまうと、
これは人の幸せも喜べなくて当然なんです。

もし、人の幸せを喜べないと感じたら、
まず自分が幸せか心の奥を見つめてみましょう。

小さな幸せが積もれば、大きな幸せになっていきます。
自然と笑顔がこぼれ、人の幸せも一緒に喜んであげられます。

人の幸せを一緒に喜びたいなら、まずは自分の幸せから。

毎日の中で、小さな幸せを全身全霊で喜びましょう!

人の幸せは、あなたの幸せから。

人の幸せを喜ぶには、あなたが日々の小さな幸せを喜べるような、
精神的に健康な状態でなければなりません。

もし、友人や家族、親戚の幸せを喜べないと感じたら、

「日々の生活に追われてないか」
「ストレスが溜まってないか」
「小さな幸せを感じているか」

これらを見直してみてください。

人の幸せを喜ぶには、あなたが幸せでなければならない。

小さな幸せを喜べるほどに健康的な精神状態でなければならない。

もし、人の幸せを喜べなくても落ち込まないでください。
それよりも、自分の精神的な健康状態を心配してください。

ストレスは溜まってませんか?
小さな幸せを喜んでますか?
自然と笑顔がこぼれますか?

あなたが精神的に健康で、
日々の生活の中で小さな幸せを喜べるようになれば、
人の幸せも自然と喜べるようになります。

人の幸せを喜ぶにはまず自分から!

あなたがあなたの幸せを見つけたとき、
そこから幸せの輪は広がってゆくのです。

トップへ戻る