この記事が気に入ったら、シェアもお願いします^^

『仕事から逃げたい』それって甘えですか?壊れる前の対処法

この記事が気に入ったら、シェアもお願いします^^

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

仕事から逃げたいのは甘えですか?

あぁ、こんな仕事やってられない、もう逃げたい。

でも、それは甘えだから、がんばらないと・・・

それ、本当に甘えですか?
仕事から逃げたいというのは誰もが思うことですが、
あなたのそれは本当に甘えなのですか?

無理し続けると体が壊れてしまいます。

仕事よりもあなたの方が大事です。

それはただの甘えか?

仕事から逃げたい理由は人それぞれ。
ただの甘えの人もいれば、今すぐ仕事を辞めないと体を壊す人もいる。

「仕事から逃げたい、もう辞めたい!」
なんて言うと、それは甘えだとかいう人がいるけれど、
果たして本当に甘えなのでしょうか?

甘えじゃない。危険信号を無視しないで。

本当に辛くて、嫌で、逃げたいときというのは、
体に何らかの異常が現れます。

・おなかが痛い
・気持ち悪い
・欝々した気分が続く
・涙が流れてきた
・吐いてしまった
・etc…

仕事のことを考えるとおなかが痛くなるとか、
気持ち悪いとか、
1~2週間くらい鬱々した気分が続いてるとか、
それはあなたの体が発している危険信号です。

精神的にやられてしまうと体に異常が出始めます。
それを放っておくと取り返しのつかないことになりますよ。
本当に。

軽い腹痛とか、気持ち悪いな~って感じるくらいなら何とかなるかもしれませんが、
重度の腹痛や涙が流れてくるとか、吐いてしまったら赤信号
そのまま仕事続けると最悪の場合死にます。

胃に穴が開くという表現がありますが、
本当にストレスで穴が開くことあるんですよ。

胃穿孔(いせんこう)っていうんですけど、これになったらマジヤバイ。
手術必要だし、最悪死ぬ。

仕事から逃げたくて、泣いて吐いたらその仕事は辞めるべきです。
甘えなんかじゃありません。
それを甘えと捉えて仕事続けたら大変なことになってしまいます。

いや、でもこの場合は甘えかも・・・

ちょっと厳しいことを言いますが、

ただ「嫌」というだけで辞めるのは甘えですね。
嫌なのはわかりますが、それだけで辞めようと考えるのは甘いです。

嫌なのはみんな一緒。
人間関係がとか、仕事量がとか、理由はいろいろあれど、
「こんな仕事やだ!辞めたい!!」と言って辞めるのは甘いです。

本当に仕事から逃げたいときって、何も言えませんから。
嫌だとか、辞めたいとか、そんな言葉が出てくる前に涙が流れます。
そして吐きます。
まぁ、食事がのどを通らないので吐くものなんて何もないのですが。

「仕事から逃げたい!」と言えるうちは大丈夫です。
本当に辛いときって、いっぱいいっぱいでそんなこと言ってる余裕ありませんから。

「仕事やだ、逃げたい。だから辞めます!」っていうのは甘えです。

それで辞めたら他行っても同じ理由で辞めますよ。
それは甘えです。

僕が泣いて吐いて壊れたときの話

僕は、本当に辛くて、逃げたくて、泣いて吐きました。
まだ自分の中でも消化しきれてない部分があるので多くは語れませんが、
本当に辛かった時の話をします。

と、その前に。

僕は基本的に甘い人間でした。

何かバイトを始めてはいやだ~、辞めたい~と毎日騒いでました。
自分でもそれはただの甘えだと分かってたので辞めることはなかったのですが。

それでも、そういう意識って甘々ですね。
そんな甘い考え方をしてました。
いつか辞めてやる、絶対辞めてやる。
そんなことばかり言っていたのですが、まぁ、健康的でしたね(笑)

仕事辞めるのは甘えだと思ってたんですよ。
だから、どんなに大変だろうが辛かろうが辞めないんです。

そして、これはとあるバイト先での話なのですが、
例のごとく入社前日から辞めたいと騒いでました。

で、最初の3日は良かったのですが、
1週間くらい経ってから「おや?」と思うことが増えました。

基本周りの人は優しいのですが、一人だけが僕に対する態度が違うんです。
他の人とは普通なんですが、僕にだけあたりが強いというか・・・
別に何かやったわけでもないし、なんでそんな態度取られるのか分からない。

最初は「おや?」と思う程度で、
まぁ、ちょっと悲しかっただけなんですが、
だんだんエスカレートしてきたというかね・・・

あまり深くは語れないのですがそれが本当に辛くなってしまって。

いじめじゃないんですけど(と思うんですけど)、
そのせいもあって仕事が手につかなくなってしまって、
手が震えたり、わけもないのに慌てたり、そんな自分が嫌にもなりました。

ある時、涙が溢れたのです。

『あれ?なんだろう・・・』

『泣いてる?』

『なんで泣いてるの?』

『だめだめ、仕事中なんだから我慢しなきゃ・・・』

何とかその時はこらえたのですが、帰宅してお風呂で声を出さずに泣きました。

それでも、何とか自分を勇気づけて「がんばろう!」と思い直したんですが、
翌日も同じように泣きそうになりました。

「こんなことでくじけちゃいけないんだ。みんなも辛いんだ。」
そう自分を励ます日が続きました。

朝は食事がのどを通らない。
パンを一口食べて出勤の準備。
家を出る20分前くらいになると水道で吐きました。

パン一口しか食べてないので出るものは何もありません。
ひたすら胃液だけを吐き続けました。
家を出る前に3、4回は吐いてます。

職場では泣くのを我慢して帰る。

食事の量は減り、食べるペースも落ちた。

寝るのが怖かった。明日が来るから。

そんな日が続いたある朝、
いつものようにパンを一口食べて吐き、
部屋でボーっと座ってたら涙があふれてきた。

嗚咽の声が漏れた。

その瞬間、何かが崩れたかのように涙がボロボロとこぼれ始めた。

声を上げた泣いた。

顔を覆い、必死にこらえようとしても涙が止まることはなかった。

その日は休んだ。

どうしていいかわからず、泣きながら親に相談した。

声を上げて泣くのは何年ぶりだろうか。

バイトを辞めることにした。

辞めてからしばらくはまともに食事をとれなかったけど、
徐々に元の生活に戻れた。

一つ気づいたことがあった。

泣いて吐いていたころ「辞めたい。逃げたい。」なんて一言も言わなかった。

いっぱいいっぱいでそんなこと言う余裕なんてなかった。

今思い返せば、体が壊れる一歩手前だったのかもしれない。
そもそも、泣くとか吐くとか、よほどのことがない限りありません。

体が悲鳴を上げてるんです。

そんな状態で生活を続けたら絶対に体壊れます。

仕事から逃げたいとか、辞めたいっていうのは甘えだととらえられることもあります。

でも、体が悲鳴を上げているなら今すぐ辞めるべきです。

仕事よりも体が大事です。

本当に辛いなら仕事を辞めてください。

体を壊す前に辞めてください。

体も心も壊れてしまったら、なかなか元には戻れません。

壊れる前に辞めてください。

体が悲鳴を上げたら赤信号。

甘えだとかそんなこと言ってられません。

仕事から逃げたい。

それは甘えじゃありません。

本当に辛くてしんどいと感じるなら、素直に辞めるべきです。

泣いて吐くようになったらすぐにでも辞めてください。

体が発する危険信号です。

仕事から逃げたいと思うのは甘えじゃない。

体が悲鳴を上げだしたら、辞めることを考えてください。

仕事よりもあなたが大事です。

壊れる前の対処法

仕事は強制ではありません。

生活するためにやっているにすぎないのです。

体を壊してまでやるものじゃないです。

仕事が本当に辛くて逃げたいなら、逃げてもいいんです。
本当に辛いなら辞めていいんです。
それは甘えじゃありません。

仕事は生活のためにするもの。
その仕事で体を壊していたら本末転倒です。

本当に辛くて逃げたいなら、逃げてください。

あなた自身のために、逃げてください。

仕事辞めるのって精神的にすごくエネルギー使うけど、
そこから解放されなきゃ壊れてしまいます。

ほんの少しの勇気をもって、退職を決意してください。

仕事なんかよりも、あなたの方が大事です。

素敵な未来の描き方

人生は縛られるものじゃない。

何かに追われるように毎日を過ごすというのは辛いものです。

その束縛から解放されたとき、
あなたはあなたらしい人生を歩むことができるのです。

仕事から逃げて自由になるのです。

やり方はあります。

自分でお金を稼げばいいのです。

雇われずに稼げれば、時間の使い方も仕事場所も自由です。

今、そういう生き方を選択する人が増えています。

アメリカでは労働人口の4分の1がこの働き方を取ってます。

誰にも雇われず悠々自適に暮らすことが、
今の時代には合っているのかもしれません。

『雇われずに稼ぐ』それが可能な時代なのです。

一度きりの人生、自分らしき生きようじゃないか!

トップへ戻る