この記事が気に入ったら、シェアもお願いします^^

幸せそうに見える人の特徴をマネすれば幸せになれるという話

この記事が気に入ったら、シェアもお願いします^^

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

幸せそうに見える人の特徴をマネする

幸せそうに見える人っていますよね。

「あ~、あの人いつも幸せそうだなぁ。」って一度は思ったことがるのではないでしょうか?

あなたも幸せになりたいですよね。
それなら幸せそうに見える人の特徴をマネしてみてください。
そうすればあなたも幸せになれるんですよ。

幸せはマネして手に入る!

幸せそうに見える人の特徴は?

幸せそうな人には大体共通点があります。
まずはそれらの特徴を捉えてみましょう!

常に優しい笑顔

常に優しい笑顔してます。

「笑顔」じゃないですよ、「優しい笑顔」です。

もう、骨格が普通の人と違うんじゃないの?ってくらい優しい笑顔の人っていますよね。
そういう人のそばにいるとほっこりするし、
こちらも自然と笑顔があふれてきます。

そして、笑顔というのは周りの環境をよくする効果があります。
常に笑顔でいることは、常に幸せであるのと同じ。
そのくらい笑顔って人を和ませ、安心させ、幸せな気分にさせるのです。

逆に、どんなに性格がよくても怒ったような顔してたら周りも話しかけづらいし、
どうしても緊張してしまいます。

緊張はストレスです。

別に、怖い顔の人が悪いって言ってるのではないですが、
(場合によっては怖い顔の人が得をすることだってあると思うし。)
やはり周りを緊張させてしまうと自分まで強張ってしまいます。

笑顔で自分と周りを和ませる人と、
機嫌が悪そうな怖い顔で自分も周りも緊張してストレスを抱えてしまう人、
あなたはどちらになりたいですか?

幸せになりたいなら、常に優しい笑顔でいましょう!

人の失敗や不幸を笑わない

幸せであれば人の失敗を笑いません。

人間なら誰だって人の失敗を笑ったり、人の不幸を友達と話題にしたことがあるはずです。
僕も昔は嫌な奴の失敗や不幸なことを喜んでた時期がありました。

しかし、そういった行為は人を良い気分にはさせません。

人の悪い話とか聞くと、妙な優越感が得られることがあります。
「あぁ、あいつはこんな人生歩んでるんだ。それと比べたら僕の人生は良いほうだな。」

確かに、その瞬間は優越感に浸れて気分がよくなるかもしれません。
でも、それは下を向いているだけに過ぎないのです。
相手が自分より劣ってると勝手に決めつけて喜んでるだけです。

幸せになりたければ上を向いて歩きましょう。

涙がこぼれないように♪

・・・じゃなかった

より高みへ、より大きな幸せを手に入れられるように。

勝手に人を劣ってると決めつけて優越感に浸っても後でむなしくなるだけです。
それは幸せとは言えません。
一時は気分がよくなるかもしれないけど、それはほんの一瞬の出来事。

人の失敗や不幸を笑っても、最高にいい気分にはなれないのです。

失敗している人がいたら手伝ってあげましょう。
不幸な人がいたら励ましてあげましょう。

人を陥れても面白いことなんてありませんよ。

悪口・陰口を言わない

幸せな人は人のことを悪く言いません。

ネガティブなことを言うと幸せは逃げて行ってしまいます。

だから悪口は言いません。

しかし人は元来、誰かを悪者にして自分が上であると錯覚するのが好きな生き物のようです。

何か叩く要素があれば、寄ってたかったイジメます。

インターネットやSNSが発達してから、この傾向は顕著になりました。
なにかあると寄ってたかって、しかも匿名で暴言吐いて好き勝手言ってる。
「炎上」なんて言葉ができるくらい、人は叩くのが好きなようですね。

さらに、理不尽にも総理大臣は意味もなく叩かれます。
何かやろうとすると必ず賛成・反対が出るのですが、
総理がやろうとしていることを全く把握せずに偏見だけで叩く人の多いこと。

ちょっと前には憲法9条改正反対のデモが起こりました。
さて、デモ隊の中で9条改正を正しく把握している人は何人いたでしょうか?

ほとんどいないでしょうね。

みんな誰かを悪者にしてストレス発散したいだけなんですよ。

ストレス溜まるのはわかります。
でも、それを悪口や陰口という形で発散しても、だれも得しませんよ。
悪口って誰もいい気分にならないからねぇ。

人に与える・共有する

幸せそうな人のそばにいると自分まで幸せな気分になります。

幸せな人は自分の幸せを人に分けてあげるのです。

良いことがあったら共有するのです。

自分だけでなく周りの人も幸せな気分になれるし、
周りが幸せで囲まれると自分もうれしくなります。

だから幸せを与え、共有するのです。

幸せは分け与えても減りません。
みんなで幸せになりましょう!

全てを許す

何事も許すのです。

「いいよ、いいよ。大丈夫。」

「許し」は偉大です。
どんなネガティブなことも幸せに変えてしまうのです。

失敗したら許すのです。

誰かが失敗してしまったら許すのです。
注意すべきところは注意するのですが、決して怒鳴らずに許すのです。

自分が失敗したら許すのです。
落ち込んでふさぎ込まず、この失敗を生かして次は大成功させるのです。
「大丈夫。これで最後じゃない。」と自分を許すのです。

許しは偉大なのです。

幸せそうな人をマネすれば幸せになれる

幸せそうに見える人のマネをすれば幸せになれるのです。

常に優しい笑顔で自分も周りも幸せにする、そんな人のマネをしてください。
(周りにそういう人がいなければ、上で書いた幸せな人に共通することを試してみてください!)

「この人、幸せそうだな~」ってあなたが思う人を見つけてその人のマネをすれば、
あなたも周りから「幸せそうだな~」って思われるようになるでしょう。

そうすると、本当に幸せになりますよ。

あなたの周りが幸せオーラで満ち、
和やかで安らぐ空間があなたの行く先々で生まれるのです。

いきなり聖人にはなれない。
日々の心掛けが大事。

さて、早速マネしたいところですが、
人の性格を変えるのはなかなか難しいことです。

今日から幸せじゃい!ってわけにはいかないと思います。

それでも、日々変わろうと努力することで、ああたの思考や性格は変わってきます。

もし、人の悪口を言ってしまったら、
「大丈夫。少しずつ変えていけばいい。」そう自分を励ましてあげてください。
失敗を許すのです。
また次があるから大丈夫です。

僕は中学校、高校の頃は担任の悪口を言ったり、暴言を吐いたりしてました。
今でこそ悪口は言わないし、暴言など吐かないように心がけているのですが、
それでも時折、「クソがっ!!」とか汚い言葉が口から飛び出してしまうことがあります。
(直接人には言いませんよ。)

そういう時は反省。
そして、許す。

これを繰り返していくうちに、
僕は人のことを悪く言わなくなったし、暴言も中学・高校のころと比べるとほとんどなくなりました。

いきなり完璧になることはできません。
僕もまだまだ未熟です。

でも、日々心がけていれば、自然と理想に近づいていくものです。

幸せになるなら、幸せな人の特徴を観察してマネをしましょう。

それが幸せの近道。

トップへ戻る