会社に雇われずに豊かに暮らす?

「週休5~7日で好きなだけ趣味に没頭する」
「帰りの切符を買わずに好きなだけ旅行する」
「値段を気にせず好きなものを買ったり食べたりする」

仕事・お金・時間に縛られない自由人の話仕事のことなど1ミリも考えずに楽しく暮らしませんか?
悠々自適で好きなように生きる道がここにあります。
後で見る場合も、
とりあえずクリックしておきましょう!

↓↓↓
※ページが表示されるまで時間がかかる場合がございます。
『自由な人生を手に入れる教科書』
ここから見れます!

上司と合わないから退職したわ。これが正しい選択ですから。

⏱この記事は3分くらいで読めます

上司と合わないから退職した。

上司と合わないのはよくあること。
でも、あまりにも合わない上司がいるなら退職してもいいかもしれない。

僕は転職直後に退職したことがあります。
あまりにも上司と合わなかったので2週間と3日で辞めました。

やっぱり上司の合う合わないって大事ですよ。

会社に雇われずに豊かに暮らす?

「週休5~7日で好きなだけ趣味に没頭する」
「帰りの切符を買わずに好きなだけ旅行する」
「値段を気にせず好きなものを買ったり食べたりする」

仕事・お金・時間に縛られない自由人の話仕事のことなど1ミリも考えずに楽しく暮らしませんか?
悠々自適で好きなように生きる道がここにあります。
後で見る場合も、
とりあえずクリックしておきましょう!

↓↓↓
※ページが表示されるまで時間がかかる場合がございます。
『自由な人生を手に入れる教科書』
ここから見れます!

上司と合わないから退職した話

前にバイトしていたころの話ですが、
とある職場で自分と合わない上司がいました。

その職場はアットホームな感じで、
みんな優しく穏やかな人たちばかりでした。

分からないところは丁寧に教えてくれるし、失敗もフォローしてくれる。
そんな人のいい職場だったのですが、
ただ一人、どうでも僕と合わない人がいました。

他の人と同じように優しい時もあったり、
かと思えば急に機嫌悪くなったような態度になったり、
もう、わけわからない人でしたね。

これまでの人生で一番僕と合わない人でした。

だから辞めちゃった(笑)

えらい簡単に書きましたが、実はとても深刻だったんですよ。
毎日悩みに悩んで、食事ものどを通らないくらいに悩みました。

本当に辛くて、泣いて吐きました。
このままじゃ壊れてしまうと思ったので辞めました。

職場のみんなは優しかったんだけどなぁ。

本当に自分と合わない人っているんですよ。

その人と一緒に仕事は難しいです。

退職するというのも選択の一つよ。

合わない上司と仕事はできません!

自分と合わない上司がいたら仕事なんてできませんよ。
何やってもかみ合わないから、仕事でもミスとか増えるでしょう。

それに、合わない人と一緒にいるというのはものすごいストレスです。
日本人は黙ってたってストレス溜め込むのに、
さらに人間関係のストレスとかゴメンですね。

さっさと退職するのも正しい選択です。

そんなストレスだらけの職場では体壊しますよ。

「上司と合わないから。」
退職の理由としては十分です。

合わない人とは仕事はできません!

それでも、できれば解決して仲良くやりたいですよね?
まぁ、それが難しいから退職なんですが(笑)

合わない人とはどんなに頑張っても合いません。
互いに解決しようと努力すれば何とかなるかもしれませんが、
一方だけががんばってもなかなか難しいですよ。

そんな時は退職が正しい選択です。

退職は悪いことじゃない。
新たな生活の始まりです。
合わない人と仕事するより、合う人と仕事したほうがはかどるよ。

無理して合わない人と仕事する必要はないのです。

退職してもいいのよ。

上司と合わないなら退職してもいいのよ。

仕事なんてストレス抱えて体壊してまでやることじゃないから。

仕事はあくまで生きるための一手段に過ぎないのです。
人生において仕事をすることが目的になってはいけません。

目的は生きること。
もっと言うと、幸せに生きること。

決して仕事をするために生きてるのではありません。

上司と合わなくてストレス抱えるくらいなら退職してやりましょう!


会社に雇われずに豊かに暮らす?

「週休5~7日で好きなだけ趣味に没頭する」
「帰りの切符を買わずに好きなだけ旅行する」
「値段を気にせず好きなものを買ったり食べたりする」

仕事・お金・時間に縛られない自由人の話仕事のことなど1ミリも考えずに楽しく暮らしませんか?
悠々自適で好きなように生きる道がここにあります。
後で見る場合も、
とりあえずクリックしておきましょう!

↓↓↓
※ページが表示されるまで時間がかかる場合がございます。
『自由な人生を手に入れる教科書』
ここから見れます!
トップへ戻る