労働から解放される?たとえば雇われずに稼ぐ方法があるなら、
自由な生活が手に入るのなら、
それが新しい常識かもしれません・・・

↓↓↓記事を読む↓↓↓

【労働からの解放】あらゆる束縛から離れストレスの少ない人生は楽しいっ!
労働から解放される?

たとえば雇われずに稼ぐ方法があるなら、
自由な生活が手に入るのなら、
それが新しい常識かもしれません…

起業で何をするか決まらないのはコレが原因だった・・・

⏱この記事は8分くらいで読めます

起業で何をするか決まらない

起業したいけど何をするかは決まってない。

うん、分かります。

誰もが一度は思うんじゃないでしょうか。

実はこれ、起業知識が足りないことが主な原因だったりします。

知識が十分にあれば様々なビジネスを具体的なレベルで想像できる。

例えば、
普通の人ならば「これをこんな風にしたビジネス儲かるんじゃね?」
ってとこまでしか考えられないところを

起業知識がちゃんとあれば、
それでどのくらい利益出せるか、どうやってお客さんにアプローチするか、
ビジネスモデルはどうかなど具体的なことがポコポコ湧いてきます。

やるかやらないかは別にして、
いろんなビジネスが思いつくということです。

やりたいことがあればそれもいいのですが、
何もないなら知識を身に付けるのが優先!

知識があると無いとじゃ見える世界が変わってきますから!

労働から解放される?たとえば雇われずに稼ぐ方法があるなら、
自由な生活が手に入るのなら、
それが新しい常識かもしれません・・・

↓↓↓記事を読む↓↓↓

【労働からの解放】あらゆる束縛から離れストレスの少ない人生は楽しいっ!
労働から解放される?

たとえば雇われずに稼ぐ方法があるなら、
自由な生活が手に入るのなら、
それが新しい常識かもしれません…

知識には仕入れる順番がある

「起業したい!」

そう思ったらまずやることは知識を身に付けること。
何においてもそうですが、知識がなければ行動できないので。

ただ、がむしゃらに知識を仕入れても成功には結び付きにくいのです。
起業するための知識には仕入れる順番があるのですよ。

1.起業知識

まずは起業知識を身に付けましょう。
たとえやりたいことがあったとしても、まず身に付けるべきは起業知識です。

だって、起業するのに起業知識がなかったら起業できないじゃん!
それに、起業知識って一朝一夕で身につくものじゃないから、
「起業しよう!」と考えたその日から学び始めるが吉。

これがなければ何も始まりません。

芸能人とかよく起業して失敗してるけど、それは起業知識がないからですね。

・お金はある
・やりたいことはある
・よし、起業だ!

って、バカですね。
モノを売る知識がないのに商売できるか!
さらにアホな人は「ボク有名人だし、自分の名前を使って売ろう!」とか考えるんですよ。

お客さんってあんたの名前に金払いたいんじゃないから。
まぁ、最初こそお客さんやってくるけど、
サービスがクソだったら1年もすれば潰れますね。

そんなんで起業成功するなら世の中成功者だらけです。

ちょっと話がそれてしまいましたが、まず身に付けるべきは起業知識です。
そのあと、起業する分野の知識を身に付けるんです。

2.各分野の専門知識

やりたいことが無いならまず起業知識を身に付けていけばいいんですが、
もしやりたいことがあってその分野の知識があるなら注意です。

例えば、陶芸が好きでその分野で起業したいとします。

陶芸で起業

・陶芸については深い知識を持ってる
・プロも驚く作品を作れる
・起業知識はない

残念ながらこの人は失敗します。
自分で作った素晴らしい茶碗を売りたくても、誰も見てくれません。

逆に、中級者レベルの陶芸家でも、起業知識があればお金は稼げます。
自分で作った茶碗だって売れるし、陶芸教室みたいなのを開いても儲かるでしょう。

そのためのビジネスモデルもいっぱい思いつく。

起業したい分野の専門知識を身に付けるのは大切なことですが、
それだけでは起業できないのです。

まずは、起業知識を身に付ける。
そのあとに各分野の知識を深めるのです。

順番は守りましょう

順番を逆にすると失敗します。
専門知識あるとそれだけで成功できそうな気になってしまうので、
起業知識もろくに身に付けず行動してしまうのです。

芸能人とかこういうの多いです。
お金があってやりたいことがある。
でも起業知識がないから失敗しちゃうんですよ。

起業知識さえあればどの分野でも成功できる

実は、起業知識さえあればどんな分野でも成功することは可能です。
たとえその分野の深い知識がなくても。

起業知識さえあれば成功することは可能なんですよ。

経営コンサルタントっているじゃないですか、
あれ、しっかりしたコンサルタントならいろんな業種をアドバイスできるんです。

例えば美容師とか歯科医とか小売店とか、様々な業種をアドバイスできるんです。
もちろん、その人は美容師業界に精通してかつ、歯科業界に精通してかつ、小売業界に精通しているわけではありません。

そもそも、コンサルティングする前は美容師業界の知識や歯科業界の知識なんて全くありませんでした。

それでも彼らを成功に導けるのは起業・経営の知識があったから。
というか、これがあればどの分野でも成功する方法がわかるんですよ。
ホントに。

コンサルってどうやるかというと、
まず、ビジネスモデル聞いて、要望を聞いて、改善点を提案し、ここで初めて専門の知識を尋ねるのです。

「お宅の美容院のビジネスモデルってどうなってんの?」
「うん、そうか。これをどう改善したいの?」
「なるほど、それならビジネスモデルのこの部分を改善すればいいですよ。」
「ところで美容師の仕事ってこうだと思うんだけど、もっと具体的に詳しく聞かせてもらってもいいですか?」

というように、ビジネスの改善ってその業界の詳しい知識持ってなくてもできるんですよ。
起業・経営の知識さえあればOK。

だから、成功したいならまず起業知識を身に付けるのですよ。

起業で何をするか決まってないならとりあえず・・・

起業で何をするか決まってないならとりあえず起業知識を身に付けてください。
これさえあればどんな分野でも起業できますから。
自分の好きな分野や興味のある業界で稼ぐ方法が分かるんです。

稼ぐならやっぱり興味のあることでないと長続きしないからね。
やりたいことを見つけるのは稼ぐ上でも重要です。

さっき陶芸を例に挙げましたが、
僕は「陶芸」というだけでいくつかビジネスプランが思いつきます。

もちろん、陶芸については全くの無知ですよ。
それでも陶芸で起業しろと言われたら僕はいくつかビジネスプランが思いつきます。

「じゃあ、やってみろよ!」なんて言われそうですが、
あいにく僕は陶芸に興味がない。

でも、
ある程度起業知識身に付けた人ならこういったことがポイポイ思いつく。
もちろん、自分がやりたいビジネスの分野でも。

起業を学べばいろんなところで稼ぐ方法ってのが思いつくようになるんですよ。
その中である日突然、「あっ、これで稼ぎたい!」というのが見つかるんです。

起業知識があるから、どんな分野でも稼ぐ方法が分かっちゃうんですよ。
その中でおもしろそうだと思うものって必ずあるんですよね。
それがあなたの興味のあること、やりたいことです。

逆に、起業で何をするか決まってない状態というのは
起業知識が少し足りない状態とも言えますね。

起業で何をするか決まってないなら起業知識を身に付けましょう。
いろんな業種で稼ぐ方法ってわかるようになれば、
それぞれの業界の見方って変わってきます。

さらに言うと、
サラリーマンなら今勤めてる会社をよりよくする方法とか分かるから面白いですよ。

ちなみに、起業を勉強してたらものすごい仕事できるようになって、
いよいよ起業するから退職を申し出たら社長直々に残ってくれと言われた人もいますね。

経営者も完璧ではないのです。

僕が以前バイトで勤めてたところは個人でやってるとこだったんですが、
「え~、これは失敗するだろ」とか、
「ここ、こう改善すればもっと良くなりそうなんだけどな」とか、
いろいろ考えてました。

残念ながら当時の僕は上に対して一言も意見することができない臆病者だったので
何も言えないままだったのですが、
今考えるとやっぱり素直に教えてあげればよかったかな、なんて・・・

もうほんと、起業知識全てです。

これさえあれば、どんな業種でも成功する方法が分かります。

そして知識を深めていけば、いずれ自分が何をしたいか分かるようになりますよ。

どうしても決まらないならとりあえずコレをやれ

起業で何をするか決まってないのは知識が足りないからです。
知識さえあればどんな分野でも成功する方法が分かります。
いろんな業界で成功できることが分かれば、自然とやりたいことは見つかるものです。

と言っても、やはりどうでも見つからないならまず稼いでください。

転売(せどり)

比較的簡単に起業できるのがコレです。

お店に売ってるセール品なんかをネットでちょいと高く売るビジネスです。
転売です。
よく嫌われてるので知ってる人も多い(笑)

その辺のお店でホコリかぶってるような値下げされた在庫商品が、
ネット(Amazonや楽天市場)では売り切れ状態!
なんてこともあるんですよ。

そんな商品が誰の目にも触れずにいるのはもったいない!
その商品の価値を最大限に高めて、求める人へ届ける。

やり方次第ではとても価値のあるビジネスです。
『せどり』ともいいますすね。

転売(せどり)って言うと悪いイメージを持たれることがあります。

限定品なんかを大量に買って、ネットでバカ高い値段で売ってる人なんかいますね。

あまり世間からよく思われていないようです。

限定品はプレミアつくのは分かりますが、
バカみたいに仕入れてバカみたいな値段設定するのは僕もおかしいと思いますよ。

あくまで誰にも迷惑かけない形で、
誰もが納得するビジネスにしましょうよ。

広告ビジネス・紹介ビジネス

ブログとかHP見てると企業の広告がついてることありますよね。
Amazonとか楽天、他には保険の広告とかゲーム会社の広告とかいろいろです。
1クリックされたら数十円とかもらえるんですよ。

アフィリエイトっていうんですけど、
企業が「紹介してくれてありがとう!」って報酬くれるんです。

要するに紹介報酬ですね。

よく塾とかでもあるじゃないですか。
友達誘ったらあなたとその友達も割引とか。
あれも、紹介を利用したビジネスモデルです。

顧客獲得コストというのがあって、
企業は一人新規顧客を獲得するのにいくらまでならお金をかけられるか計算してるんです。

そしてお金を払ってでも新しい顧客が欲しいんです。

テレビCMとかもそうですよ。
僕らはタダで見てるけど、企業は一本CM打つのに何百万、何千万とかけてます。

さて、このアフィリエイトと言うビジネスは
自分で作ったブログやHPに起業の広告を載せるだけなんで誰でもできる。

手軽に始められる副業としてたびたびメディアでも紹介され、
学生や主婦も片手間にこのビジネスに取り組んでお小遣いとか稼いでます。

人によってはこれを専業でやって月100万円以上稼ぐ人も。

以上2つは比較的取り組みやすい。

上で紹介したビジネスは比較的取り組みやすいです。
初期投資もほとんどいらないので学生や主婦、ニートでさえも始められるほど。

起業知識はあるのにやりたいことが無いなら、どちらか試してみては?
これで稼げれば実績にもなるしね。

起業知識を身に付けよう

起業知識さえあれば、どんな分野でも成功が見えてきます。

何をするか迷うこともありません。

自分が面白そうだと思ったことで成功できます。

起業知識って本当に大切ですね。^^

起業知識を学ぶなら正しいことを
しっかり学んでいきたいところです!
↓↓↓

ホンモノの起業を学べるオンラインスクールとは?※無料体験アリ
「起業に興味がある」 「でも何から始めたらいいか分からない」 「自分には何が向いてるのか知りたい」 「ビジネスをゼロから学びた…
トップへ戻る