投稿タイトル上バナー

次世代起業家育成セミナー

お金ないけど起業したい?借金はダメなのと起業にお金がいらない理由

⏱この記事は6分くらいで読めます

「起業したいけどお金がない」

そう言って『夢物語』で片づける前に、
起業知識はお持ちでしょうか?

現代の起業にお金は必要ありません。

人脈もいらないし、
どこの誰でも起業チャンスがあるのです。

借金をすれば開業できる?
それ、ギャンブルと同じですよ?

次世代起業家育成セミナー

1円も払わず起業する?

「ただ漠然と起業したい」と思っているなら、
やり方さえ正しければ1円も払わず起業できます。

昨今インターネットが発達し、
稼ぎ方が多様化してきました。

顕著な例はYouTuber。

動画を投稿するだけでお金が稼げます。
中にはひたすらしゃべるだけの動画で稼ぐ人まで。
カメラに向かって話しかけるだけなので0円ですね。

まぁ、これは一例にすぎませんが、
必ずしも起業にお金が必要な時代ではないということです。

昔みたいに、
借金抱えて仲間を集めて、
リスクを背負いながら起業する時代は終わりました。

借金が必要な人はは必ず読んで!

お店を開業したい、
借金が必要だけどビジネスに挑戦したい、
という人は必ず下の文章を読んでください。

その他の人(一切借金がいらない&仮に失敗しても損失が小さい場合)は、
この章は飛ばしても構わないでしょう。

先に「起業にお金は要らない」と言いましたが、
あくまで「起業する」というのが目的だった場合、
それは可能ですよということ。

やはりお店を開業するにはお金がかかります。

ラーメン屋やるにしても美容室やるにしても、
お店を構えるならお金は入り用。

まず、家賃と改装費で数百万、
器具をそろえるのに安くて数十万円から200~300万くらいでしょうか。

あとは広告費を安く抑える技術があれば数万円。
なければ数十万円~100万円前後。

ざっと1000万円くらいは必要でしょうか?

仮に事がうまく運んで、
もっと安く全てそろったとしても、
数百万円は出ていきます。

さて、お店を構えるのには大金が必要なことが分かりましたが、
あなたはこれをポンと支払えますか?

もちろん、あなたの貯金で。

「お店を構えたい」という気持ちが強いと、
どうしてもネガティブな情報は入ってきません。

「開業したお店が3年以内に9割がつぶれる」
「開業したがうまくいかず借金地獄の人がいる」

そういった話を聞くときに、
どうしても他人事のように感じてしまうでしょう。

「自分は絶対大丈夫」
「腕には自信がある」

そういう根拠のない自信が、
失敗へと誘うのです。

また、仮に3年後に潰れなかったとして、
毎日楽しく暮らせるでしょうか?

電気代・ガス代・人件費に家賃……
毎月出ていく固定費に急な支出があります。

それに加えて、
お店を構えた時点でマイナスからのスタートです。

開業するまでに1000万円失っているのです。

開業して楽しく暮らすには、
地域No1のお店になって10年以上存続させないと厳しいでしょう。

それでも「絶対やりたい」というのなら、
開業費用はポケットマネーで。

絶対に他者から借りてはいけません。

そもそも、
人からお金を借りないとできないというのは、
身の丈に合っていない証拠です。

失敗した時のショックが大きすぎるので借金だけはやめましょう。

失敗したらどうしますか?

1000万円の借金抱えて、
これからまたコツコツ生きていけますか?

最悪のシナリオを考えると、
家族共々自殺するというのが考えられます。

実際、借金を理由に命を絶つ人も少なくない。

そして、
あなたが貯めた貯金を使って開業する場合は、
1000万円をドブに捨てるような気持ちで始めましょう。

「初期投資だ」なんて考えてはいけません。

これについても失敗した時のショックが大きい。

「俺は今日からパチプロになるんだ、
そのために1000万円借りるんだ!」

これを聞いてどう思いますか?

無理ですよね。

バカですよね。

1000万円借金してパチプロ目指してるんですよ?

ありえません。

恐れずに言うと、
これは1000万円借金して開業しようとしているのと何ら変わりありません。

こんなことを言うと、
「一緒にするな!」と怒られそうですが考えても見てください。

開業して100%成功しますか?

たった0.1%でも失敗する可能性はありませんか?

1000万円というのは大金です。
まさしく、人生をかけた勝負とでも言いましょうか。

とても耳障りがいいですね。

一生に一度の大勝負!

こう考えてしまうから、
3年以内に店を潰した9割の元店主が大きなショック&後悔の渦の中、
残りの人生を辛く厳しく過ごすことになってしまうのです。

やろうとしてることは、
1000万円借りてパチプロ目指すのと同じです。

伸るか反るかの大博打。

店舗経営はお金持ちの道楽です。
なけなしのお金をはたいて人生をかけてはいけません。

……かなり否定的なことばかり書きましたが、
間違ったことを言ったつもりはありません。

失敗した時のことを真剣に悩んでみてください。

1000万円借金したなら、
失敗した時の損失は1000万円ではありません。

千数百万円から下手したら2000万円にもなるでしょう。

まず、借金した1000万円の利子。

家賃すらまかなえないから借りた店を出ていくのですが、
その際に家賃数か月分の違約金が発生。

数か月間営業していたのなら、
その間の光熱費等。

人を雇っていたのなら人件費。

恐ろしい罠で、
1000万円しか借りていないのに、
廃業するときにはそこに数百万円プラスされるのです。

起業にお金はいらない

多少の先行投資的な資金は必要です。

とは言っても数万円程度から多くて数十万円。

仮に失っても借金地獄にはならないし、
十分立ち直れる金額ではあると思います。

昔と違って少額で起業できる時代なんですよ。

広告費はSNSや動画共有サイト、
無料ブログなど使えば1円もかからないし、
商品はダウンロード型や音声・映像商品なら原価がほぼ掛かりません。

漠然と「起業したい」と思っているのなら、
お金がなくても取り組めるものを探しましょう!

資金ゼロでリスクを取らず起業するのが今のセオリー。

まぁ、これをやるにはそこそこ高度な起業知識が必要です。

何でもない人が、
SNSで集客なんて難しいし、
商品づくりだって簡単ではありません。

まずは知識。

ちなみに、起業知識は意外と簡単に手に入ります。

日本最大級のオンライン起業スクール、
次世代起業家・経営者アカデミーでは、
LINE友達追加やメールアドレス登録だけで無料体験できます。

詳しいことは今回省きますが、
今の時代、起業だって無料から学び始められるのです。

本当にお金がかからず、いいことです。

とは言っても世知辛いこの時代。

自宅で学び、自宅で稼ぐことに、
早めに乗り出した方がいいかもしれませんね。

下の記事では、
次世代起業家・経営者アカデミーの詳細も書いてるので、
お金を使わず起業したいなら一度目を通してみてください!
↓↓↓

この時代、個人が資金ゼロで起業する。学び、稼ぐまでが自宅で完結!
先行きが見通しづらくなった こんな時代だからこそ、 自宅で学び、自宅で稼ぐ人が増えてます。 そして、これからはもっと増え続けます。…
トップへ戻る