投稿タイトル上バナー

次世代起業家育成セミナー

この時代、個人が資金ゼロで起業する。学び、稼ぐまでが自宅で完結!

⏱この記事は10分くらいで読めます

先行きが見通しづらくなった
こんな時代だからこそ、
自宅で学び、自宅で稼ぐ人が増えてます。

そして、これからはもっと増え続けます。

ところであなたは『現金100万円』と『フォロワー1万人』、
どちらが欲しいですか?

僕は『フォロワー1万人』です。

なぜなら、
その方が儲かるから……

個人が資金ゼロで起業できる?!
学び、稼ぐまでが自宅で完結する
日本最大級のオンライン起業スクール!
スマホの場合はLINE友達追加、
PCはメールアドレス登録で今すぐ無料体験!

次世代起業家・経営者アカデミー
今すぐ無料体験!

次世代起業家育成セミナー

『100万円』より『1万人のフォロワー』が欲しい

インフルエンサーと呼ばれる人たちがいます。

ユーチューバーやツイッターで有名になった人は非常に多い。

フォロワーが何万人とかいたら、
それだけですごい影響力を持てます。

そして、
影響力があれば稼ぐことも可能。

あなたは現金100万円フォロワー1万人
どちらが欲しいですか?

僕は迷わずフォロワー1万人。

自己顕示欲が強いとかそんなんじゃないですよ(笑)

フォロワー1万人いれば、
1万人に対してセールスを行うことができます。

100円の物を1万人に売ればそれだけで100万円が手に入るのです。
300円なら300万、1000円なら1000万円です。

まぁ、フォロワーの質とか属性もあるので
そんな単純じゃないですが。

にしても、1万人もいるのですから、
100万円稼ぐのなんて、そうそう難しい話でもないでしょう。

一昔前だと、
目の前に1万人集めてセールスするのは至難の業でした。

しかしネットが発達すると、
これが個人レベルで可能になったのです。

個人が力を持つということは、
個人で稼ぐ力を身に着けるということ。

そして、他者に依存せず生活できるということでもあります。

終身雇用が崩壊し、
自己や病気というリスクを抱えつつ、
さらにはあなた自身が意図せず不祥事を起こしたり、
事件に巻き込まれる可能性も否定できない状態で
会社の給料だけで生きるというのはリスクがあまりにも大きい。

そこは隠れてでも副業なりなんなりで、
収入の柱を多く持つべきです。

10年後の未来を正確に予測できるでしょうか?

これからは他者に依存せず、
個人で生きる時代なんです。

自宅で学び、自宅で稼ぐ。『今』資金ゼロで起業するワケ

起業と言うと、
「苦節10年」「借金」「人脈」

というメチャクチャ大変で、
リスクが大きいイメージがありますが、
現代には当てはまりません。

一昔前は死ぬか生きるかくらい大変だったものですが、
時代は変わりネットが発達すると、
リスクというリスクが無くなりました。

資金ゼロ、人脈ゼロ、リスクゼロ。

これが今の当たり前です。

人を集めるのだってブログやTwitterを使えば無料でできるし、
商品はダウンロード商品やスクールの運営などであれば、
費用はほぼ掛かりません。

商品について、製造や仕入れがある場合は多少の資金は必要だがそれも数百万円程度。
貯金で賄えます。

ブログや動画共有サイトで広告収入を得る
という選択をした場合、
本当に資金ゼロで稼ぐことが可能です。

初期費用を莫大に投入する必要がないので、
当然リスクもありません。

ちょっと貯金を失うくらいです。

昔みたいに借金地獄にはなりません。

そして、起業・経営を学ぶための“道”も整いました。

変化が速い時代です。

古い情報が更新されないままの本や
経営学を学んでもしょうがない。

最新の情報を最新の形で提供してくれる
オンラインスクールこそが学ぶ上で一番の近道です。

自宅で学び、自宅で稼ぐ。

これが今の起業常識です。

起業・経営オンラインスクール

起業や経営を支援するといった内容のスクールなどは
本当にたくさんあります。

良いものもあれば悪いものもあるのが当然で、
最新の情報があまり共有されないスクールだったり、

『釣った魚に餌をやらない』方式で
『お金を落とした客に教育をしない』怪しげなスクールなど、

カモを集めて、あとは放っとくようなスクールも多い。

スクール生に『結果を出させる』ことを目的とし、
常に最新の情報を発信し続けるスクール。

かつ、
多くの人が認めているスクールで学ぶのが、
最短、最速で稼げるようになる道。

それをあなた一人で探してくださいというのも酷なので、
ここで一つ、日本最大級のスクールを紹介しますね!

次世代起業家・経営者アカデミーは、
現在でも2,800名以上の現役経営者や起業家の卵が生徒として在籍し、
最大年商70億円の一流の経営者から、
年商100~1,200万円を目指す起業家の卵までが幅広く所属する、
日本最大級のオンラインアカデミーです。

ここでは膨大な量の無料体験講座が用意されているので、
まず入ってみる。

合わなかったら辞める。

ということが可能です。

本当にあなたに合わなかったら、
1円も払わずに無料体験だけしてサヨナラでOK。

1円たりとも損するところは何もありませんね!

スマホの場合はLINE友達追加、
PCはメールアドレス登録で無料体験入学!

オンラインアカデミーの概要・登録ページはこちらです。
(サンプル映像は登録なしですぐ見れる!)
↓↓↓

次世代起業家・経営者アカデミー

※あまりにも多くのスクールを紹介すると、
あなたも混乱してしまうでしょうし、
上のスクールが間違いなく日本最高峰かつ最大級なので、
この記事では他のスクールを一切おススメしません。

ここからは上のアカデミーについてもう少し突っ込んだ話をします。

講師や生徒の実績、
無料でどれほど大量の講義を受講できるのか、
コロナにより失業や収入が減った方からの登録が殺到してる話まで!

日本最大級!
次世代起業家・経営者アカデミー【無料体験あり】

【講師紹介】

加藤将太

次世代起業家・経営者アカデミー
代表講師 加藤 将太

京都大学大学院でMBA(経営学修士)を取得し、
NTTデータでの勤務を経て26歳の時に起業。

1年目で年商1億円を売り上げる会社を作り、
2年目では倍以上の2億6千万円を達成。

システムの開発・販売事業やその経営手腕を評価され、
コンサルティング事業なども次々に立ち上げる。

年商1億円を超える事業を次々に生み出し、
現在は4社を経営。

そんな自身の経験を活かし、
そのノウハウを起業家の卵に伝達するために始めた
「次世代起業家育成セミナー」を運営するほか、
会員数は2,800名を超える日本最大級の起業オンラインスクールを運営している。

アカデミーの卒業生にも年商1億円の事業者が多数誕生し、
講義の質と再現性の高さで好評を博しています。

最近では、地上波テレビに出演したり、
著名なウェブメディアに取材されたりと露出も増えてきたので、
ご存知の方も増えているのではないかと思います。

ちなみに、
テレビ出演された時の映像がこちら↓

加藤さんと一緒に写ってるもう一人の男性は、
元ドクターシーラボ 代表取締役社長
池本 克之さん。

実は彼も、
加藤さんが運営するアカデミーの学長として関わっています。

気になるのが、
一体どれくらい「成果」が出ているかですよね。

ペースとしては、毎月3件以上月収100万円の到達者がいます。
(ちゃんと実績報告もあるもので、これも日本一レベルの指導実績です)

■実践者の成果:証拠の図

※ページ左は「実績順」、右が「時系列順」の成果です。
スクール生の最近の実績一覧

(この成果画面は、リアルタイムで更新しています。
スクール生にも公開しており、ごまかしようの無いものです。
会員サイトだと、各人のコメントと講師からのコメントが付いていて
生徒の素性もリンク先からある程度分かるので透明性ある成果報告です。)

アカデミーの無料入学体験キャンペーンとして、
起業・副業というものの全体像を解説したセミナーを配ってます。

コロナ騒動の中在宅でパソコンで稼げる仕事を探している人も多いようで、
失業や収入が減った方から登録が殺到してるみたいですよ。

対応窓口が受け付けられなくなる可能性があり、
所定の人数に達した場合受付ページは閉鎖するようです。
ご登録はお早めに。

オンラインアカデミーの概要・登録ページは下の画像をクリック!
※サンプル映像は登録なしですぐ見れる!
※スマホの場合はLINE友達追加、PCはメールアドレス登録で無料体験入学!

↓↓↓

次世代起業家・経営者アカデミー

スマホの場合はLINE友達追加、
PCはメールアドレス登録すると、
プレゼントが盛りだくさん!

■体験入学で貰えるもの

1:次世代起業家・経営者育成セミナー『特別編』(全5章・7時間)
2:起業家として成功するために、加藤将太がやった全ての学び 起業家の5つの卵
3:起業家適性が7分で分かる!起業センス診断テスト&フィードバック
4:特別編セミナーの未公開映像+セミナー永久視聴サイト
5:あなたのためのオンライン起業アドバイス『起業戦略アドバイス室』

更に、これら全てを受け取った方には

6:次世代起業家育成セミナー『その1:システム化基本セミナー』(全6章・7時間)
7:初心者でも1日で上級者になれるデジタル通貨(仮想の通貨)オンラインセミナー(全11時間)
8:スーパー魅力的人生セミナー第0章[ビジネス/自己開発](2時間)
9:インターネットを活用したビジネスの始め方スタートアップ動画4本(全1時間半)
9:30日で15万円が稼げる、秘蔵自己アフィリエイトマニュアル(PDF全29ページ)
10:【新版】ビジネス成功のための50の必読書
11:加藤将太がこれまで作ってきた無償動画+PDF全20本・50時間+PDF75ページ

などが、配信される予定です。

これが無料体験入学の全貌です。

無料体験でこのボリュームなんです!

もはやこれだけでお腹いっぱいですね(笑)

ちなみに、これらのプレゼントは、
登録後、一つずつ順番に配信されます。
(最初にどさっと渡すと消化不良になるためそれを避けています)

これだけ体験してみて、
それでもなお「自分には合わないな」と思ったならば、
すぐに退会すれば1円も払わず辞めれます。

あなたに起業家としての資質があるか?

起業するうえで重要な要素は何でしょうか?

資金?
人脈?
リーダーシップ?

まぁ、どれもあって困るものではないですが、
これで起業するというのは不安しかないですね。

むしろ、
これらが一切なくても起業成功させることは可能です。
資金ゼロ・人脈ゼロかつ、たった一人で成功してる人も多いです。

起業するうえで重要になってくるのは
起業家としての資質です。

世の中にはバリバリ起業家向きの人もいれば、
起業には一切向かないという人もいます。

まず、自分がどこにいるのか把握していないと、
動きたくても動けないですよね。

起業家適性が低いと、
いくら資金や人脈、知識があっても、
それらをフル活用することができず成功は困難を極めます。

資金ゼロ、人脈ゼロ、リスクゼロで
起業成功させたいならこの起業家適性が高くないと困るわけなのです。

よく、美容室やラーメン屋が『開店しては潰れ』を繰り返してます。

これは美容師の腕が悪いわけでも、
ラーメンがまずかったわけでもありません。

ただ、起業家としての適性が低かったんです。

美容室やラーメン屋を新たに開業しようとする人の中で、
本気で起業・経営について学んだ人はどれくらいいるでしょうか?

ほとんどの場合、
流行る店を作りたいがために、
腕を磨いたり味を試行錯誤したりするんです。

しかし、

いくら腕や味が良くても、
それを世に伝える能力がゼロなら意味がない。

起業家適性を高めることこそ、
起業するうえでの重要な要素になるのです。

さて、
そんな起業家適性が数字で分かったらおもしろいと思いませんか?

あなたの起業家適性はどのくらいなのか?

先ほど紹介した、
無料体験入学でもらえるプレゼントの3つ目、
覚えてますか?

『起業家適性が7分で分かる!起業センス診断テスト&フィードバック』

たった7分であなたの起業家適性を診断してくれます!

起業センスは学校で言うところの偏差値のようなものです。
以下の表が起業成功可能性と起業センスの関係です。

起業センス表

測定後、あなたの数値を確認してみてください。
これで今自分がどこにいるのか一発で分かります。

ちなみに、多少低くても落ち込むことはありません。
学校の偏差値と同じで伸ばすことができます。

もとより、サラリーマンの平均起業センスが41なので、
あなたのセンスがこの近辺ならば、そこそこ優秀だと思います。

これは加藤さん運営のオンラインアカデミーで学べば伸びます。
それだけ『結果を出させる』ことにフォーカスしたスクールということですね。

少し古いですが僕の一番最近の測定結果は
68(起業家天才レベル)でした。

起業センス測定結果

最初受けたときはそれでも52だったので、
『アカデミーで学べばこれだけ伸びますよ』という証明です。

【補足】
僕が初めて受けた起業センス診断テストで『52』という数値が出たのは、
以前からビジネスについて学んでいたからです。

それでも、
独学では52だったのが、
アカデミー入学後飛躍的に伸びました^^

もし、
あなたの起業センスが極端に低ければ、
悔しいですが諦めるのも一つの手です。

また、伸びる余地があるのなら、
どんどん学びを深めていずれ起業成功させてください!

ということで、
悩むよりまず行動!

オンラインアカデミーの概要・登録ページは下の画像をクリック!
※サンプル映像は登録なしですぐ見れる!
※スマホの場合はLINE友達追加、PCはメールアドレス登録で無料体験入学!
※起業センスは無料体験中に順次測定の案内があります。

↓↓↓

次世代起業家・経営者アカデミー

こういったチャンスというのはめったにありません。

もし、あなたが今これを見ているのなら、
それは奇跡に近いような出会いかもしれません。

『一期一会』という言葉もあるように、
一つ一つの出来事をよく観察すると思わぬ発見があるものです。

*加藤さんのメディア出演*

地上波テレビに出演(YouTube)
著名なウェブメディアにて取材(ザ・キーパーソン)

トップへ戻る