この記事が気に入ったら、シェアもお願いします^^

転職の不安を解消せよ!転職失敗大臣の気分よく転職する方法

この記事が気に入ったら、シェアもお願いします^^

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

転職の不安を解消したい。

転職というのはいろんな不安がついてきます。

それを解消しない限り、あなたは転職できません。

ならば、その不安を解消してしまいましょう!
転職はそこから始まります。
気分よく転職しましょう!

あなたの不安はどんな不安?

転職には問答無用で『不安』がついてきます。
あなたの真後ろをペタペタと足音を立てて、ついてくるのです。

目には見えないし、常に後ろにいる。

あぁ、恐ろしい。

まるで妖怪ですね。

さて、あなたの不安はどんな不安でしょうか?

・給料が減らないか心配
・転職先の職場の雰囲気が心配
・転職失敗しないか不安
・自分に合った仕事が見つかるか心配
・家族に迷惑かけないか不安
・etc…

不安の内容や大小は人それぞれ。
でも、そのすべての不安の共通点は『後悔』にあるのです。
つまるところ、「後悔したらやだな~」ってことですよ。
後悔するのが怖いんです。

「後悔したくない」

その気持ちが不安として現れるのです。

転職の不安を解消するということは、転職後の後悔をなくすということです。

あなたが転職で不安を感じるのなら、転職後に後悔のない選択をする必要があるのです!

転職の不安の解消方法

不安は時間が解決することもあれば、気が付いた時にはなくなっていることもあります。
でも、そんなの待ってられないですよね。
なので、自分で動いて不安を解消してしまいましょう!

さっきも言った通り、不安とは後悔に対する恐怖なのです。
後悔先に立たずとはよく言ったものですね。
後悔が先に立って手を振って待ってくれてるのなら、そんな道通らずに済むのにね。

転職における不安とは、転職後の後悔に対する恐怖です。
ならば転職後に後悔しなければいいだけの話。

たとえば、職場環境が劣悪でないか不安なら、事前に調べましょう。
少し大きい会社ならネットで調べれば評判とか出てきますし、
小さな会社なら知り合いに聞いてみるとか、知り合いがいなければお客さんとしてのぞいてみたり、面接のときに見極めればいいです。

給料面が心配ならそれも調べましょう。
事前にいくらお金がもらえるかはわかるはずです。

ブラック企業でないか心配ならそこで働く社員の姿を見てください。
生気のない暗くよどんだ顔の人が多ければブラックや重労働だと思っていいでしょう。

自分に合った仕事が見つかるかは心配する必要はありません。
世の中にはいろんな仕事があるんですよ。
ハロワはもちろん、転職サイトやバイト情報サイトもたくさんあります。

「転機」ってサイト知ってます?
年収1000万以上の求人情報がそろった情報サイトです。
探せばいろんな仕事がありますよ。

家族に心配かけないか不安?
それなら、あなたが転職に成功すればいいだけです。
不安要素をつぶしていけば後悔することはほとんどなくなるでしょう。

不安を解消したいなら、未来の後悔をつぶしていけばいいんです。

ほとんどの場合、ネットと面接でどんな会社か判断できるでしょう。
一番いいのは学校の社会見学みたいに直接職場を案内してもらうことですね。

未来の後悔をつぶしていけば、不安というのは解消されます。

「こんなだったらどうしよう、あんなだったらどうしよう・・・」

なんて悩んでないで、とにかく調べましょう!

調べれば答えは返ってきます。

あと、転職は直感も意外と大事です。
会社を調べたり、面接のときに「なんか嫌だな。」と少しでも思ったのならやめたほうがいいかもしれません。

「まぁ、せっかく面接受けたし、やってみるか。」ってのは本当にやめたほうがいいですよ。
本当に嫌だと感じたら辞退するべきです。
ちなみに僕は過去にこれで失敗してます。

やっぱ、直感って大事。

転職失敗大臣の隣の芝生講座

転職の不安を解消するには、未来の後悔を端からつぶしていけばいいんです。

不安は後悔への恐怖。
後悔をつぶせば不安はなくなります。

でも、一つだけ注意。

転職活動中って、いろんな仕事が華やかに見えることがあるんです。

まさに、隣の芝生は青く見えるんですよ。

で、いざ転職してみたらクソみたいな職場だったりして。

過去にこれでも失敗した経験がありますよ。
(どうぞ、転職失敗大臣と呼んでください、笑)

転職中であれば、隣の芝生が青現象は必ずと言っていいほど起きます。
気を付けてね。

気分の良い転職を!

転職が決まったら今まで世話になったところにはちゃんとお礼しましょう。
どんなにブラックだろうが世話になったのです。
最後はきっちりシメましょう。

立つ鳥跡を濁さず。

これで、その会社とはおさらば。
あなたも、会社の人も気分の良い転職ができますよ。
どうか、僕みたいに転職失敗大臣にはならないでくださいね(笑)

トップへ戻る