会社を潰す方法はあるのか?社長が悔しがる姿を見て笑おう!

⏱この記事は11分くらいで読めます

矢印自由な人生を手に入れる教科書

「もう、こんな会社潰れればいいのに……」

いま勤めている会社、
商品やサービスが不快だった会社、
店員の態度がムカついた会社・・・

もう潰れてしまえばいいのに!
そんなふうに考えたことがある人は少なくないはずだ。

今勤めてる会社の上司が!待遇が!、
商品が思ってたのと違うし、ぼったくり!
なんか客に対する態度!!

理由は様々だけど「潰れてほしい」と思う人はやっぱりいるのね。

どうにかして社長の慌てふためく顔を見てやりたい、
復讐してやりたい、
そう考えるのも人間的で、
まぁ悪いことではないんじゃない?

なので!
今回は会社を潰す方法と、
それよりもさらに社長が悔しがるとっておきの方法をご紹介しましょう!

会社の社長が悔しがる姿を見て笑うがよい!

髪自由な人生を手に入れる教科書

会社を潰す前に……

会社を潰すといっても、
見る人の視点によってちょっとアプローチが異なります。

自分の勤めてる会社を潰したい場合と
自分がお客さんとして関わった会社を潰したい場合。

今回はこの2つを分けて見ていきましょう!

では早速、会社を潰す方法~

と、いきたいところですが、
そもそも、あなたが会社を潰したい理由って何ですか?

勤めてる会社の社長や上司がクソだったり
対偶に不満がある?

購入した商品やサービスに不満があった?

「自分が一体、何に腹を立てているのか。」
これを紙でもなんでもいいので書き出してみるだけでも、
意外とイライラは収まるものです。

これでダメだったら読み進めてみてください!

僕は基本的に憶病なので、無駄な争いとか避けたいんですよ。
なので、勤めてる会社に不満があるならまず退職。
商品・サービスに不満があっても黙ってる。

まぁ、僕は自分で問題解決の方法を持ってるので、
よほどのことがない限り笑って過ごすんですけどね(笑)

でも自分なりの解決方法とか持ってないと
やっぱりイライラするし、
それによって日常生活がちょっとばかしネガティブになる。

モヤモヤすることもありましょう。

まぁ実際に潰せるかどうかは置いといて、
妄想してみるのもアリかもしれませんよ。

さて、会社を潰すっていうのは、
多くの人を困らせるということでもあります。

社長を筆頭に社員やその家族、
そこの商品・サービスを気に入ってる人まで。

「それでもやってやりたいんだ」というあなた!
ぜひとも会社を潰してくれたまえ!!

困る人もいるけど、それで救われる人もいるにはいる!

対偶に不満を持つ他の社員や
商品に不満があっても文句を言えなかった人たちは、
少しばかりスカッとするかもしれませんね。

代わりの企業や商品だってあります。

それに、世の中には潰れたほうがいい会社もあるしね。
(ブラック企業とか、人に迷惑かける企業とか・・・)

会社を潰してやったなんて話めったに聞けないから、
もしあなたが潰したならば、それも面白いのかなって。

話の種としては上物だと思いますよ?

まぁ、人の恨み買うかもしんないし僕は基本的におススメしませんが。

「じゃあ、なんでこんな記事書いてんだ」
というツッコミは無しでお願いします(笑)

【関連・オススメ】

活字が苦手な人もスルスル読める?!
人生を豊かにするために読みたい1冊。

自由な人生を手に入れる教科書

会社が潰れるときってどんなとき?
それを意図的に作り出すには?

「どうでも潰してやらにゃ、気が済まん!」
というあなたへ。

会社がつぶれるときや条件、
それを意図的に作り出す方法を今から書いていきます。

100%潰せるという保証はないけれど、
これで経営が傾いたり本当に潰れてしまった企業もあります。

会社が潰れる条件

そもそも、会社が潰れる条件を知らなきゃ、
会社を潰すことなんてできないのです。

「どうしたら会社は潰れるのか?」
実はその答えってとってもシンプル。

「客がいなくなればいい」

これにつきますね。

まず、会社が存続するには売り上げが必要です。
その売り上げがないと会社はやっていけません。
そのまま赤字経営が続けば倒産。

つまり、会社は「お客さん」がいなくなれば勝手に潰れるんですよ。

会社は常にお客さんがいます。
普通のコンビニもそうだし、商社もそうだし、
企業向けのサービスを展開している会社だってそう。

とにかく、自社の製品・サービスに対してお金を払ってくれる人が必要なのです。
そして、お金を払ってくれる人のことを「お客さん」と呼びます。

会社はお金がなきゃ潰れるんです。
そして、そのお金は「お客さん」からいただくのです。

つまり、お客さんがいなくなれば会社は潰れる。
これが会社が潰れる条件。

とってもシンプルだね。

じゃあ、どうやってお客さんはいなくなるのか?
見ていきましょう!

【会社を潰す方法】信用を奪え!

お客さんが会社にお金を払うのは「信用」があるからです。
信用できない会社からは絶対何も買いたくないですよね。

会社を潰すなら、「信用を奪う」というのが手っ取り早いですよ。

100円ショップっていろんな便利グッズ売ってますよね。
中にはとても100円とは思えないようなものまで……

そんな便利グッズが怪しい個人のお店で売ってたら?

メインストリートからちょっと外れ、
昼間だというのに薄暗くジメジメした路地裏に光る怪しげなネオンの看板。
店主も見るからに普通じゃない!

そんな怪しいお店に売ってる便利グッズが100円!

買いたいと思いますか?

店にも入りたくないですよね。
ちょー怪しい。
買った後どうなるのか、怖くて想像もできない(笑)

信用がないってこういうことです。

相手を信じることができないから買わない。

じゃあ、信用を奪うってどうすればいいかというと、
お客さんがその会社を信用しなくなればいいんですよ。

ちょっと昔の話だけど、
カップ焼きそばのペヤ○グにゴキブリが入ってた事件ありましたよね?

その話が全国に広まると、あっという間に生産中止。
一気に信用が失われました。

※大きい会社でファンも多いので、ゴキブリ1匹でつぶれることはありませんが、
生産中止したせいで売上は減ったのは間違いないでしょう。

その他にも異物混入で騒がれた企業がいっぱいありましたね。
そのたび生産中止だのなんだのと。
潰れはせずとも一時的に売り上げが落ちたのは間違いないですね。

これが大企業だったからいくらでも回復できるし、
他の目玉商品だっていっぱいあるからいいものの、
小さな小さな零細企業で商品が一つしか無かったら一発で倒産ですね(笑)

お客さんからの信用を失うのって、
経営者からしたらけっこう恐ろしいことなんですよ。

潰すなら信用を奪えばいいですね。

ちなみに信用を奪う方法って簡単で、
なにか問題点を見つけてあげればいいです。

異物混入もそうですし、ブラック企業で社員を酷使してるとかの情報でもいいね。
そういう悪い噂って、みんな大好きなんですよ。

Twitterとかで一瞬で広まります。

なにか汚点を探すんです。
たくさんあればあるほどいい。
そんな汚点だらけの会社、誰も信用しませんから。

会社を潰すなら信用を奪うのが手っ取り早いね。

【会社を潰す方法】法律を知れ!

もう一つ、
これで潰すのは少し難しいかもしれませんが、
会社が違法行為をしていないかを見ればいいですね。

違法にもいろいろあります。
粉飾決済とか幹部の横領とか、
労働基準法の違反とか。

さすがに、ただの社員が幹部の横領なんて知る機会あるわけないので、
そういった犯罪ではなく労働基準法を見ていきましょう。

例えば、
会社の製品を壊してしまって、
その代金を給料から天引きされたとか、
労働時間が8時間なのに休憩が40分しかないとか、
朝は始業チャイムが鳴る30分前に出社しろという命令があるとか、
サービス残業とか……

意外なことに労働基準法を知らない経営者って多いので、
あなたの会社でもあるかもしれませんね。

別に経営者になるのに労基法知ってる必要はないですから。
だから平気でサービス残業とかさせるんですよ。

自分の身を守るという意味でも、
労働基準法は知っておいて損はないですよ。

ちなみに、
そこそこの会社になってくると
たぶん顧問弁護士とかいると思うので、
法律関係はしっかりしてると思います。

それに、労基法違反が原因で会社がつぶれる例って
あんまりないような……

まぁ、普通に会社の不正行為を知っているのなら、
迷わず通報してはどうでしょう?

どうしていいか分からないなら、
弁護士とか税務署とか
専門家に相談するのがいいですね。

他の方法は効果が薄い

他に潰す方法があるとすれば犯罪まがいなこととか、
騙して陥れるようなこと?

でも、それってものすごくリスク高いし、
それで会社を潰すのはほぼ不可能です。

真実がバレたら自分自身が損するだけで、会社は痛くもかゆくもない。
それどころか、ニュースに取り上げられたら会社のいい宣伝です。

犯罪などに手を染めて会社を陥れようってのがそもそも無理。
一個人が法人相手に勝てないのですよ。

嘘つけば叩かれるのは自分。

会社をだまして何千万、何億と損させるのはやり方次第では可能かもしれませんが、
真実がバレたら全部自分に返ってきます。

まぁ、個人がどうこう考えて潰れるほどショボい会社なら、
あなたが入社する前に倒産してますよ(笑)

ちなみに、異物混入はたった一人の個人が声を上げ、
それにつられるように大勢の人が動きます。

たった一人の個人では企業に負けますが、
大勢の人がいれば大企業にだって大ダメージを与えることができるんです。

なので、やっぱり潰すならみんなの力も使った方が利口です。

会社なんかより自分の未来だ!
↓↓↓

矢印自由な人生を手に入れる教科書

倒産よりも社長が悔しがることとは……?!

会社を潰してやるよりも面白いものがある。
それは、社長が悔しがってる姿を目の前で見ることです。

実は、一度起業に成功した人って
一つ会社がつぶれてもまたゼロから作れたりします。

人は一度やったことを繰り返せるんです。
鉄棒の逆上がりで一番難しいのは最初の1回を成功させること。
それができたらあとは・・・

簡単ですよね?
何回でもできる。

会社を作るのも同じ理屈で通ります。
一度作ったことがあれば、
たとえそれが潰れてもポイポイいくつでも作れます。

社長にとって会社が潰れるというのはとても痛いですが、
数年もすれば笑い話になってるんですよ。
しかも、その痛い経験をもとにさらに成長したり。

そうやって
良い時期悪い時期を繰り返して成長する社長も多いだろう。

そんなことよりも
今この瞬間に社長が悔しがってる姿を見たほうが面白いと思いませんか?

自分が勤めてる会社の社長を悔しがらせる方法があるんですよ・・・。

社長であれば、やっぱり売り上げは欲しいところです。

その手段やチャンスを逃したとなれば悔しいもの。

社長直々に部長昇進を打診された人が
退職した事例があります。

社長からしたら、
部長にしたいほど有能な社員を失うことになるので
さぞガッカリしたことでしょう。

実は彼、起業を目指していてビジネスの勉強をしていたのです。

そのおかげで仕事がめちゃめちゃできるようになり、
社内で一目置かれる存在に!

そんな彼に部長昇進の話が来たが、
彼は悩んだ末に独立を決意。

別に会社潰そうとか社長を悔しがらせてやりたいとか
そういうことは考えてなかったと思うので、
たぶん円満退職したんだと思いますが、
社長からすれば惜しい出来事でしたね。

社長の悔しがる顔を見たいなら、
めちゃめちゃ有能な社員になって、
すごく会社に貢献して、
頼りにされるようになってから辞めてやりましょう!

社長にとってこれほど残念なことはないですよ。

「本当にやめちゃうの?」
「考え直してくれないか?」
なんて引き止められたらそれを真正面から断る!

「いや、退職させてください!」

はっきりと断った時の残念そうな社長の顔、
あなたも拝むことはできますよ。

まぁ、独立せずとも転職と言う手もありますし、
何はともあれ、有能社員になることです。

もし起業して成功したらそれこそ面白い。

人生豊かになるでしょう。

街でバッタリ社長に会ったら誘ってくるかも(笑)
「一緒に組まないか」とか、
「一緒に何かやらないか」とか言われたりして。

そこまで言わせたらあなたの完全勝利!

「あぁ、こいつがウチにいたらウチの売り上げがもっと多かったんだ」
「惜しいことしたな、貴重な人材を手放してしまった……」
そんなことを考えながらあなたの話を聞くんです。

あら探しして追い込むより、
有能になって悔しがらせた方があなたも幸せです。

お金もあるし、社会的な承認も大きいし、ストレスだって少ない。

人を陥れることを考えるより自分が成功すること考えた方が楽しいしね。

復讐したいというネガティブな気持ちより、
成功してやるってポジティブな考えの方が人生楽しい。

そしてこれは、あなたの人生をムカつく社長のために使うか、
未来の自分のために使うかの違いでもあります。

人の足を引っ張ると、自分もどこかで引っ張られるよ。

だから有能になって、
転職なり独立なりして立派になる。
それが一番無難だと思います。

【関連・オススメ】

活字が苦手な人もスルスル読める?!
人生を豊かにするために読みたい1冊。

自由な人生を手に入れる教科書

有能になるのは一般人でもできるの?

「社長を悔しがらせるのはいいけど、
そもそも一般人の自分が有能になれるものか。」

そう考えるのが普通です。

では、一つ質問です!

「有能な人とあなたは何が違いますか?」

新規顧客の獲得や商品販売、
書類作成にクライアントとの繋がり・・・

では、上の質問に答えられた人にもう一つ。

ビジネス、学んだことありますか?

誰だって有能になれるんです。
それができないのは先入観が邪魔するから。

84÷12って計算できますか?

バカにするなって?
まぁ、そりゃそうですね。

じゃあ、同じ質問を小学1年生に聞いてみてください。

当たり前ですが、答えることはできません。

それと同じなんですよ。
有能とはどういうことかをよく知る人は少ない。
だから多くの人は難しいと思うんです。

ただの先入観です。

たしかに、簡単ではないかもしれません。
でも世間が思うほど難しくもないんですよ。

しかも、ラッキーなことに
今は個人がビジネスを学びやすい時代です。

実は独立したい人ってたくさんいるんです。
彼らは日夜ビジネスを学び独立を夢見る。

独立しようとビジネスを学んでるんです。
そんなことしてたら有能社員にもなりますよ。

しかも、
ちゃんとビジネスを学べば自分の力で稼げるようにもなりますし。

もし独立がダメだとしても、
副業で稼ぐくらいはできるようになるでしょう。

副業で10万稼げたら、
あなたの生活は変わりますか?

軌道に乗り、30万円くらい稼げるようになったら?

実はそういう人、たくさんいます。

本当にクソな会社なら、
黙ってたって勝手に潰れる。
あなたがわざわざ手を出す必要もない。

それよか自分でビジネスを学び、挑戦してみては?

たぶん、
その方が幸せで平和です(笑)

【関連・オススメ】

活字が苦手な人もスルスル読める?!
人生を豊かにするために読みたい1冊。

自由な人生を手に入れる教科書

自由な人生を手に入れる教科書

矢印自由な人生を手に入れる教科書

……なに?
本なんか読まないって?

まぁ、そう言わず。

活字が苦手でも読みやすいと好評!
通常価格1000円が無料!

電子書籍を読んだ感想を送ると……

MacBook抽選でプレゼント!
抽選で毎月Apple社の
MacBook Air(119,800円)が当たる!

さらに、全員にもれなく
1万円相当のプレゼント!

詳しくはコチラ

矢印自由な人生を手に入れる教科書

コメント

  1. ひーしょ、 より:

    私が勤めていた会社は税金をはらっていない著者の本を売ったりAmazonレビューを社員にかかせたりひどい会社でした。

    税金を払っていない件。これは税務署に通報すべきですか?

    • より:

      それはひどいですねぇ。

      ただ僕は法律の専門家ではないのではっきりとは申し上げられません。
      その点はゴメンナサイです。

      脱税も意図したものなのか、
      知らず知らずのうちになのかで変わってくると思います。

      税金って面倒ですから、
      意外と知らない間に脱税してたなんて事例もあるようです。
      (まぁ、脱税は脱税ですが、笑)

      正しい情報を精査したうえで、
      ぜひとも正しい行動を!

      税務署に問い合わせればなんらかの答えは返ってくると思いますが……
      そういったことは専門家に話を聞くのが一番!

      モヤモヤしたまま過ごすより、
      気になる所は専門家に潰してもらいましょう!

      • ゲスト より:

        わかっていての犯行です!まずは税務署に相談します。偽レビューをかかせるなどとんでもない。背中をおしてくださりありがとうございました。

  2. ゲスト より:

    会社において有能な社員とは何かというと、多くの売り上げをもたらしてくれる社員
    これは、間違いで、社長に媚びへつらう、イエスマンが重宝されます。

    • より:

      たしかに、その通りですね!
      自分を肯定してくれる存在と言うのは気持ちのいいものですから(笑)

  3. 妄想家 より:

    うちみたいな製造業だと、一番手っとり早いのは夜中に潜り込んで社内の油という油に火を付けてまわることですね。NCやら在庫やらが丸焼けになってしまえば、そこでお仕舞いですし。

    • より:

      なるほど、
      業種によってはもっと手っ取り早い方法が・・・

      って、やらないですよね?
      やらないですよね???

  4. ゲスト より:

    おもしろい考え方でした。

トップへ戻る